調剤実習

2017年9月19日 火曜日

9月も後半になりました。

朝晩は少しずつ秋っぽさが感じられますが、まだまだ昼間は暑いですね

昼間の暑い時間帯はまだまだ熱中症に注意が必要なので、皆さんも気を付けてください

 

さて、9月のブログ第2弾は看護共生科2年生が行った調剤実習の様子についてお伝えしたいと思います!!

 

動物病院では人の病院と違い、薬剤師のような薬の専門家がいません。

そのため獣医師が動物の体重に必要な薬量を処方し、多くが動物看護師が薬を調剤しています。

調剤は錠剤を分割したり、散剤にしたりします。外用薬で軟膏を分注したり、混ぜたりします

調剤実習ではそれらの手技を体験、勉強していきますDSCN6668 DSCN6684 DSCN6625 DSCN6676 DSCN6629 DSCN6663

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

調剤したお薬が上記の写真です。

4個の外用薬と2内用薬を作成しました

薬袋も付けて本格的です。

学生さんも楽しそうに実習していました。

いい思い出になったかな今回の経験を思い出で終わらずに、就職先の動物病院で発揮してくださいね