受験生の方へ|動物看護科/動物看護研究科

学校法人 中央工学校 中央動物専門学校

韓国語サイトへ
資料請求
イベント情報
受験生の方へ
イベント情報
2/3sat 体験入学
体験入学

体験入学のご案内

10:00〜15:00(ランチ付き)
志望学科の模擬授業が体験できる1日体験入学

1/20sat 学校説明会
説明会

学校説明会のご案内

13:30〜16:30
当校の特色、各学科の学習内容等が理解できる半日説明会

中央動物ブログ一覧

ホーム > 受験生の方へ > 動物看護科/動物看護研究科 > 実習内容

実習内容

動物看護実習

治療・手術のアシスタント
獣医師の指示により、来院動物の治療・手術のアシスタントを務める動物看護師。実習を通じて最新の医療器具の取り扱い方法を体で覚え、手術準備や点滴、注射の方法なども習得します。


動物の心身・病状の理解
動物看護師は、獣医師と来院動物の間に立ち、スムーズな治療をアシストします。実際に動物の身体に触れ、動物の体のつくりや仕組みを確認し、表情、動作、声などから症状や感情を理解します。


入院動物の飼養管理
心臓病や腎臓病など病気や症状に合わせた入院動物の看護方法や子犬、子猫、老齢動物など年齢に応じた処方食の与え方と飼育管理技術を学び、飼い主への健康管理や飼育指導も学びます。

臨床検査実習

動物の健康管理をチェック
臨床検査は動物の健康状態を把握し、病気の診断や治療の決定に重要な役割を果たします。血液検査、糞便検査、尿検査などを実体験するとともに、検査の意義を理解します。


検査方法と技術を習得する
検査に際しては、動物への負担が少ない保定法方を知らなければなりません。また、心電図の取り方や採血した血液の取り扱い方、処理方法など、現場で求められる検査技術を習得します。


検査機器の取り扱い法を学ぶ
まず、検査の基本となる顕微鏡の構造、メンテナンスを学びます。その後、実際に動物で病院使用されている最新検査機器による検査実習を通じて、本格的な取り扱い法を体得します。

その他の実習

病院実習
動物病院での勤務を想定し、受付業務やカルテの管理、会計などを実践するのが事務管理実習です。実際に動物病院の現場で研修を行う病院実習の機会も設けています。

一般科目・専門科目

豊富な医療・薬剤知識を身につける
臨床実習を行う以前に、知識の充実と強化をはかるのが一般科目や専門科目の授業です。看護学をはじめとして、公衆衛生や動物生理学、外科・放射線学、内科など医療・薬剤の専門知識から、動物行動学やエキゾチックアニマル学、動物美容学、動物界在学など幅広く学びます。 動物と人間の共生が進み、動物の健康管理需要が高まっています。動物看護師は看護や治療だけでなく、栄養学や疾病予防、しつけ相談などのアドバイザーとして、一般教養やコミュニケーション能力も磨く必要があります。


Page Topへ
学校法人 中央工学校 中央動物専門学校
〒114-0013 東京都北区東田端一丁目8番11号
0120-19-1311
facebook
twitter
© 2002-2018 CHUO Animal College