美容・健康 2021-04-14

ペットにも歯磨きが必要な理由とおすすめのデンタルケアグッズ

歯の健康は快適な生活を送る上で不可欠な要素ですが、それは動物にとっても同じです。最近ではペットのデンタルケアへの呼びかけが盛んに行われており、飼い主の方の意識も高くなっています。
ペット用品の店舗でもデンタルケアグッズが数多く並べられているため、「うちの子にも必要かな?」と購入を検討したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、ペットの代表格である犬と猫に歯磨きが必要な理由や歯磨きのポイント、おすすめのデンタルケアグッズ、注意が必要な症状などについてご紹介します。

犬も猫も! ペットに歯磨きが必要である理由とは?

動物愛護やペットの飼い方への意識向上の流れを受け、犬や猫の健康管理項目の一つに「歯磨き」があがるようになりました。
ペット用の歯ブラシや歯磨き粉などを置く動物病院も多くなっていますが、こういったペットの健康志向の高まりに対し、なかには「不要なのでは?」と歯磨きの必要性を疑問視している方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、結論から言えば、さまざまな症状を引き起こす歯周病を予防するために、犬や猫にも歯磨きをはじめとするデンタルケア(またはオーラルケア)が必要なのです。

歯周病がペットの健康に及ぼす悪影響とは?

歯周病は、歯と歯茎の間に細菌が入り込むことによって歯茎が炎症を起こしてしまう口内疾患であり、主な原因は歯に残った歯垢と歯石です。
歯周病の症状は最初に口臭から始まりますが、進行すると次のような重い症状が現れます。

歯茎の腫れや出血

歯周病になると歯茎が赤く腫れ、出血することも増えてきます。これらの症状は健康な歯茎と比べてみると一目瞭然で、歯周病の歯茎は全体的に盛り上がっていることがわかるでしょう。唾液や鼻水に血が混じることもあります。

歯がグラグラする・抜ける

歯周病になると歯を支える歯茎が弱るため、歯がグラグラと不安定な状態になってきます。そのような状態の歯はいずれ抜けるので、床に落ちている歯を見て初めてペットの異変に気付く方もいらっしゃいます。

口内炎ができる

口内に激しい痛みが出る口内炎も歯周病の症状の一つです。口内炎ができると痛みで食欲がなくなったり、よだれがたくさん出たりするため、最初は風邪でも引いたのかと勘違いする場合もあるでしょう。
また、口内炎ができると口元を触られるのを嫌がるようになります。

内臓疾患を誘発する可能性も

歯周病を放置していると口内の細菌が全身に行きわたってしまい、心臓や肺、肝臓などの内臓疾患を誘発してしまう恐れがあります。

このように、歯周病は歯から体全体の不調を引き起こす、決して甘くみてはならない口内疾患だということがおわかりいただけたでしょうか。

ペットの食生活の変化も歯周病の一因に

歯を使って食べる動物であれば多少の歯垢・歯石は仕方がありません。
しかし、他の動物と違って人間に飼われている犬と猫に歯磨きが必要なのは、人間に飼育されて食生活が劇的に変化したためであり、ペットフードはそのような食生活の変化の代表的な例です。

ペットフードは歯垢がたまりやすい

ペットの主食であるペットフードは各メーカーがさまざまな調査を重ねて開発したフードであり、一定以上の価格・品質のものであればペットの健康維持には最適な餌です。
しかし、加工品であるペットフードには糖質が含まれていることが多く、定期的に歯磨きをしなければ歯垢が溜まりやすくなってしまうのです。

また、柔らかいウェットフードが登場したことも一因といえるでしょう。
ウェットフードは体力のない子や高齢の子、水をあまり飲まない子には最適なフードですが、使われている素材や加工の仕方によっては歯垢がつきやすいというデメリットがあるため、ウェットフードを常食にしてしまうと口内環境が悪化してしまう可能性があります。

ペットフードを与えるなら歯磨きは必要

つまり、ペットフードは犬と猫の健康を考慮して作られた大変優秀なフードですが、バランスの取れた栄養を手軽に摂取できる分、歯に負担がかかってしまうということです。
犬と猫の本来の食事は肉や魚などの高タンパクのものですが、日常生活ではいつでも新鮮な肉や魚を与えられるわけではないので、一緒に暮らすのであればペットフードの活用は必要不可欠でしょう。それならばやはり、歯周病を防ぐためにも歯磨きは必要です。

犬と猫の歯磨きのポイント

当然ながら、犬と猫は自ら歯磨きができません。したがって飼い主の方から積極的に働きかけなければなりませんが、その際は次のようなポイントを押さえておきましょう。

犬用または猫用歯ブラシを用意する

できれば犬用または猫用の歯ブラシを使いましょう。人間用の歯ブラシはサイズが合わないため磨きにくく、ペットが嫌がってしまうことがあります。
ペット用歯ブラシが手元にない場合は濡らしたガーゼやコットンでも代用できますよ。

前歯から磨く

いきなり奥歯から磨くと嫌がって抵抗する子もいるので、最初は前歯に軽く歯ブラシを当てるところから始めましょう。
慣れてきたら奥歯に移り、歯の内側と外側の両面を丁寧に磨きます。このとき、力を入れ過ぎないように注意してください。

ペットがリラックスしているときを狙う

人間であれば食後30分~1時間後あたりが歯磨きのタイミングですが、犬と猫の場合はそうもいきません。無理に磨こうとすると激しく抵抗し、歯ブラシを見る度に逃げ出すようになってしまう場合もあるため、機嫌が良く、リラックスしているときを狙いましょう。

歯磨きの頻度は1日1回が理想

犬と猫の歯垢は2日程度で歯石化します。人間の場合は1か月弱なので、いかに早く歯石化するかがわかりますね。
したがって、犬と猫の歯磨きの頻度は1日1回が理想です。少なくとも2日~3日に1回は行いたいところです。

歯磨きを嫌がる子におすすめのデンタルケアグッズ

歯磨きは犬と猫にとって一番手軽で確実なデンタルケア方法ですが、なかにはどうしても受け入れられない子もいます。
その場合は次のような便利なケアグッズを利用する手もあるので、飼い主の方はぜひ活用してみましょう。

チキンやミントなどの香り付き歯磨きジェル

チキンやミントなどの香りがする歯磨きジェルを使えば、美味しそうな香りにつられて歯磨きを受け入れる子もいます。「奥歯があと一歩のところで磨けない!」という場合はこのような歯磨きジェルを導入しても良いですね。

歯磨きシート

歯ブラシが苦手な子であれば歯磨きシートを使うのもおすすめです。
歯磨きシートは洗浄成分がシートに染み込ませてあるもので、指に巻き付けて歯磨きします。

デンタルスプレーや液体歯磨き

歯ブラシも歯磨きシートも受け付けない子の場合は口の中にシュッとスプレーするだけでケアできるデンタルスプレーや、飲み水の中に混ぜて歯の汚れを落とす液体歯磨きなどもあります。

歯磨きガム・ジャーキー

「愛犬・愛猫にあまりストレスをかけさせたくない」という方は美味しく、ストレスを解消しながらケアできる歯磨きガムやジャーキーがおすすめです。
若干固めに作られているため、噛んでストレスを解消しながら歯垢を落としてくれます。

歯磨きおもちゃ

好奇心旺盛な子の場合は歯ブラシを導入する前に、遊びながらケアできる歯磨きおもちゃを使う手もあるでしょう。歯磨きおもちゃで遊んでくれればそれだけでケアできるので、飼い主の方の負担も減りますね。

こんな症状が現れたら気を付けよう

毎日歯磨きしていても歯周病を完璧に予防できるわけではなく、知らないうちに状態が悪化していることがあります。
前述の通り、強めの口臭、歯茎からの頻繁な出血は比較的わかりやすい症状ですので、飼い主の方はこのような点を見落とさないようにしましょう。

また、口内の痛みによる食欲不振、これに伴う体重の減少、不機嫌な状態が続くといったことも歯周病にはよくある症状です。
このような症状が現れた場合はなるべく早く動物病院を受診させてください。

まとめ

犬と猫に歯磨きが必要な理由や歯磨きのポイント、おすすめのデンタルケアグッズ、注意が必要な症状などについてご紹介しました。

家畜化した動物は人間の生活様式にどんどん近づいていくものであり、家畜化を決めた私たち人間は彼らの健康をケアする責任があります。
今回ご紹介した犬と猫の歯磨きもその一つです。愛犬・愛猫の健康増進のためにも、飼い主の方は今一度彼らの口の中を細かくチェックしてみてはいかがでしょうか。

About this

当サイトは、動物に関する様々なお役立ち情報を
インターネット上で発信するウェブマガジンです。

「日々のお手入れやしつけについて」
「病気や健康・美容に関する知識」「動物に関する雑学」
などを中心に、たくさんの情報が手に入るメディアを
志して日々運営を行なっていきます。

Pick Up 最新のおすすめ記事をご紹介

Read More

知る・学ぶ 2021-02-25

今人気のハリネズミ! 特徴と飼い方のポイントとは

ハリネズミカフェの登場でハリネズミへの注目が集まる中、この動物をペットとして飼いたいと思う方が増えています。
しかし、いざ飼いたいと思っていても、ハリネズミに関する知識が乏しかったり、周りに飼育経験のある方がいない場合は少し不安かもしれません。

そこで今回は、ハリネズミの特徴や飼い方のポイントをご紹介します。

まずはハリネズミの特徴を知ろう

これからハリネズミを飼う方はまず、ハリネズミの特徴を知っておきましょう。あらかじめ基本的な知識を頭に入れておくことで、お迎えしやすくなります。

ハリネズミの生活リズムと飼育環境

ハリネズミは基本的に夜行性です。そのため日中のスキンシップは控えめにし、ハリネズミの生活リズムを大切にしてあげると良いでしょう。
また、ハリネズミは寒さに敏感であり、室内温度が低いと冬眠してしまいます。したがって、室内温度は25度~29度、湿度40%を維持できるようにしましょう。

そして、ハリネズミは単独生活を好む動物であるため、複数飼育する場合は注意が必要です。ストレスを溜めないようにするためにも、静かな環境で1匹ずつケージ(60㎝×90㎝程度)に入れて飼育することをオススメします。
さらに、ケージの中には運動に最適な回し車などのグッズを置いてあげると良いでしょう。

ハリネズミの習性

ハリネズミは警戒心が強い動物です。身の危険を感じると背中を丸めて針を立て、鼻から「シュー」「プシュー」といった息を吐き出すような威嚇の鳴き声を出すことがありますが、リラックスしている時は針が寝ている状態になります。また、体臭はあまりないため、特別なにおい対策をする必要はありません。

ハリネズミがかかりやすい病気

ハリネズミがかかりやすい病気は「ダニ症」と呼ばれるダニ刺されの皮膚病です。この病気にかかると痒みが生じるため、しきりに体を掻くようになります。体を掻く仕草を頻繁に見かけるようになったり、針がぽろぽろ抜けるようになった場合は早めに動物病院を受診しましょう。

ハリネズミの食事

ハリネズミは本来、自然界で虫や小鳥、小さい哺乳類、果物、木の実や種、キノコなどを食べていますが、ペットとして飼う場合にはハリネズミ専用フードを中心に低脂肪・低カロリーの餌を用意してあげると良いでしょう。
また、ハリネズミは夜行性なので、活動時間に合わせて夕方~夜頃に餌をあげることをオススメします。

ハリネズミの飼い方のポイント

ハリネズミが気持ち良く過ごせるよう、飼い主として次のような点に注意しましょう。

針を立てているときは触らない

前述の通り、ハリネズミはストレスを感じると背中の針を立てることがあります。そのときは基本的に「ご機嫌斜め」であるため、無理に触らないようにしましょう。

飼育環境の管理を徹底する

ハリネズミの健康は飼育環境に大きく影響されます。そのため、室温や湿度、衛生状態、飼育スペースの確保においては飼い主の方が責任を持って管理してください。
特に室温と湿度のコントロールは重要なのでエアコンを上手に利用しましょう。

食欲や排泄物の状態を確認する

ハリネズミに限ったことではありませんが、動物の健康状態は食欲や排泄物の状態からある程度把握ができます。病気の早期発見のためにも、この二点だけは毎日必ず確認するようにしましょう。

まとめ

ハリネズミの特徴や飼い方のポイントをご紹介しました。
ハリネズミの何とも言えない愛らしい姿は人間に束の間の癒しを与えてくれますが、そんなハリネズミにも安全でストレスの少ない、癒される住環境が必要です。
これからハリネズミをお迎えしようと考えている方は、この点をしっかり認識しておきましょう。

Read More

美容・健康 2021-02-19

愛犬が喜ぶドッグマッサージに挑戦してみよう!

最近注目を集めている犬向けリラクゼーションのドッグマッサージ。
自宅の愛犬にもしてあげたいけれど、「方法がわからない」、「難しそう」と二の足を踏んでいる方が多いのではないでしょうか。
しかし、医療目的以外の簡単なマッサージであればそれほど難しいものではなく、愛犬とコミュニケーションを取りながら楽しく行えます。

そこで今回は、初心者の飼い主さんでも簡単にできるドッグマッサージの方法についてご紹介します。

ドッグマッサージの基本は「優しく触る」こと

はじめに、ドッグマッサージは「優しく触る」ことが基本です。
弱い力で撫でるだけでも十分効果が得られるので、人間に対して行うような強い指圧や揉みはしないようにしましょう。

また、常に犬の表情や喜ぶ部位を確認しながら行うことも大切ですよ。

顔や目のまわりの疲れもスッキリ! 部位別のマッサージ方法

それでは上記の基本をふまえつつ、次は部位別のマッサージ方法をみていきましょう。どのマッサージも気軽かつ簡単にできるものばかりです。

首まわり

首まわりの凝りには親指を使って、円を描くように首の後ろ部分を優しくさすってあげましょう。首は飼い主を見上げるためによく動かす部位であるため、凝りやすいといわれています。

顔まわり

顔まわりは手のひらで優しく撫でた後、口角の後ろあたりの余った皮をほんの少しつまみます。そして、嫌がらないようであればそのまま後ろに引っ張ってみましょう。
このマッサージは顔まわりのストレッチにもなるので、ぜひチャレンジしてみてください。

目のまわり

疲れやすい目のまわりは優しく円を描くようにして指の腹でさすってあげましょう。このとき力を入れないように注意してください。
犬にもツボがあるといわれていますので、ツボが多い目のまわりのマッサージなら愛犬もきっと喜ぶことでしょう。

耳の後ろ

耳の後ろは指で左右にさすりましょう。なるべく耳の付け根あたりをさするのがポイントです。
犬は物音を素早くキャッチして聞き分けるために耳を立てるので、耳の付け根のあたりは凝りやすいといわれています。

手足

手足は爪先から足の付け根に向かって、血液やリンパを流すように優しく揉んでいきましょう。
体を支えたりジャンプしたりする手足は疲労が溜まりやすい部位なので、バンザイをさせるようなポーズをとらせて前足の付け根をストレッチするのも効果的です。なお、手足のマッサージは関節炎の予防にもなります。

ドッグマッサージをする際の注意点

ドッグマッサージをする際は、される側である犬の気持ちを考えて、次のような点に注意しましょう。

食後や体調不良、怪我をしているときは控える

体調が悪いときのマッサージは犬に過度なストレスを与えてしまい、病気や怪我が悪化する可能性があります。
また、食後すぐのマッサージは消化の妨げになります。

嫌がる部位は触らない

犬も人間同様、触られたくない部位があります。愛犬が少しでも嫌がる部分はマッサージを控えましょう。
なお、基本的に犬は頭を上から撫でられることを嫌うため、頭や顔のまわりをマッサージするときは急に上から触らないようにしてください。

まとめ

初心者の飼い主さんでも簡単にできるドッグマッサージの方法についてご紹介しました。
ドッグマッサージは愛犬とのコミュニケーション手段の一つであり、続けていけばより深い信頼関係を築けるでしょう。
これを機にぜひドッグマッサージをマスターして、愛犬と幸せな時間を過ごしてくださいね。

Read More

知る・学ぶ 2021-02-10

ダチョウの視力はトップクラス?! 動物の視力・見え方について

自宅で愛犬や愛猫にじっと見つめられるとき、「動物の目には飼い主や周囲がどのように見えているのだろう」と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。一般的に「動物の視力は人に劣る」といわれていますが、実際は動物の種類によって見え方に大きな差があり、一括りにして語れません。

そこで今回は、動物の視力や見え方について解説します。

視力の高い動物トップは鳥類!

「動物の視力は人に劣る」とは昔からよく耳にする話ですが、実際のところは動物の種類によって異なり、なかには人間の視力を遥かに超える動物もいます。その代表的な例が鳥類です。

たとえば、鋭い口ばしと爪で地上の獲物を狩る鷲(ワシ)や鷹(タカ)の視力は人間と比べて6倍~8倍あるといわれており、数キロメートル先の地上の動物を簡単に見つけてしまうほどです。
また、ダチョウの眼球は脳よりも大きく、視力はなんと20を超えるともいわれています。

「視力20以上」とは、40メートル先を歩いているアリがはっきり見えるレベルですから、「見る力」において私たち人間は完敗なのです。
それもそのはず、鳥類の視細胞は150万個ほどありますし(人間は約20万個)、視野は軽く300度を超えます。その上、人間には見えない紫外線まで認識するため、鳥たちが見ている世界はとても鮮明かつカラフルである可能性が高いのです。

イルカの視力は0.1程度?

イルカは非常に知能が高い動物として知られており、水族館のイルカショーのように特殊なトレーニングを施せば、人間が出す指示に従って行動してくれることがあります。
このことから、イルカの視力は人間の手振り身振りによる指示が一つひとつはっきり見えるほど良さそうに思えますが、実はそれほどでもありません。イルカの視力は0.1ほどなのです。

視力0.1は見る対象物がある程度大きくてもぼやけて見えるため、人であれば眼鏡やコンタクトレンズを使って矯正しなければ日常生活に支障が出る場合もあるでしょう。
しかし、イルカには超音波を出して周囲にある動物や物、距離などを把握できる能力があるため、それほど視力が高くなくても状況や空間の判断は可能なのです。

犬と猫の見え方はセピア色?!

ペットの代表格である猫と犬の大きな瞳は一見視力が良さそうにみえますが、どちらも視力は0.2ほど。イルカと同じく、近くにある物でもぼやける見え方であり、人であれば矯正が必要な視力といえるでしょう。
また、犬と猫は色の識別能力が高くありません。そのため、どれだけ色彩豊かな光景が目の前に広がっていてもセピア色のように色褪せて見えるのです。

しかし、犬と猫の目には入ってきた光を倍増させるタペタムと呼ばれる反射板の機能が備わっているため、暗闇でも人や物はきちんと認識できます。
さらに犬と猫には非常に高い聴覚と嗅覚も備わっている分、見える景色が色褪せていてもそれほど弱点にはならないのかもしれませんね。

なお、犬と猫にも加齢や病気による視力の低下はあります。そのため、動物病院では目の傷を保護・治療したり、視力を矯正したりするためのペット用医療コンタクトレンズを処方することがあります。
「恐る恐る歩いている」、「家具や物にぶつかる」、「ちょっとした物音にびくびくする」といった症状が現れた場合は視力が低下している可能性があるので、早めに動物病院で診察してもらいましょう。

タコの視力は意外に高い!

最後にご紹介するのはお寿司や屋台のB級グルメでおなじみのタコです。
タコの目は腕の付け根部分に二つあり、視力は0.7ほどあるといわれています。魚の多くは0.2ほどですから(マグロやカツオは0.4程度)、タコの視力が海洋生物の中では良い方だとわかりますね。

また、タコは脳が非常に発達している生物でもあるので、今後、視力と知能を連動させて私たち人間が驚くような行動をするかもしれません。タコの体の構造や生態はまだ解明しきれていませんが、タコに対するイメージが覆るような新しい発見にはぜひ期待したいものです。

まとめ

動物の視力や見え方について解説しました。動物にはもともと与えられた身体能力の条件で生き抜く力が備わっています。つまり、たとえ視力が弱くても、それは「より良くカスタマイズされた結果」なのです。

このような合理的な体の構造は私たち人間に、それぞれの個体が持つ生命力と生物の神秘を知るきっかけを与えてくれるのではないでしょうか。

Read More

知る・学ぶ 2021-01-27

初心者必見! 猫カフェの基本ルールと接し方のコツ

かわいらしい猫たちと触れ合える「猫カフェ」は、猫好きにはたまらない特別な空間です。
特に諸事情で猫を飼えない方や、飼育未経験の方にとってはぜひとも遊びに行きたいスポットでもありますが、猫たちとの触れ合いを存分に堪能するためには猫カフェを利用する際の基本的なルールや猫との接し方を理解しておくことが大切です。

そこで今回は、猫カフェを利用するにあたり知っておくべきルールや猫との接し方のコツをご紹介します。

知っておこう! 猫カフェでの基本ルール

猫を間近で見たり、触れたりできる猫カフェですが、他の動物カフェと同様、猫たちに大きなストレスをかけさせないために、いくつかのルールが定められています。

猫と人間がお互いに心地良く、楽しい時間を過ごすためにも、猫カフェに遊びに行く際には「衛星・健康面のルール」と「猫たちとの接し方のルール」を守るようにしましょう。

衛生・健康面のルール

猫カフェは多頭飼いの場所でもあるため、1匹の猫が感染症になると他の猫たちにもあっという間に感染が広がってしまいます。また、猫はストレスが健康状態に影響しやすい動物です。
そのため、ほとんどの猫カフェでは衛生・健康管理の観点から次のようなルールを定めています。

手洗い・消毒の徹底

猫カフェでは入店前に手洗い・消毒が義務付けられていることが多いので、入店の際は必ずこのルールに従いましょう。手洗い・消毒を徹底することでウイルスや細菌が店内に持ち込まれるのを防げます。

靴下を用意する

猫カフェへは靴下を履いておでかけするようにしましょう。ストッキングやタイツの場合は靴下を持参して重ね履きしてください。これは上記のように店内にウイルスや細菌を持ち込まないための対策であり、多くの猫カフェで実施されています。
靴下を忘れてしまった場合はコンビニや猫カフェ内で販売されているものを購入しましょう。

香水はつけない

猫カフェに行く前は香水をつけないようにしましょう。香水の香りは猫にとってストレスになることが多く、猫に避けられてしまう原因となります。
また、香りの強い柔軟剤を使った服の着用も避けた方が良いでしょう。

猫たちとの接し方のルール

猫の魅力の一つとして挙げられるのが「気ままさ」です。猫カフェ店内でもできる限り猫の行動の自由を尊重してあげながら接しましょう。

猫を無理やり抱っこしない

無理やり抱っこすることは猫にとって大変ストレスになります。
猫が嫌がっているのに抱っこし続けると噛みつかれたり、引っかかれたりすることもあるため、嫌がっている様子がうかがえるときは控えましょう。店舗によっては抱っこ禁止となっている場合もあります。

寝ている猫を強引に起こさない

猫が寝ている場合は無理に触って起こさないようにしましょう。猫が長い時間眠っているのは習性であり、猫にとっては大切な時間です。

大きな音を出さない

猫は音に大変敏感です。特に大きな音はストレスとなり、一気に不機嫌になることがあるため音は極力出さないようにしましょう。

猫を追いかけない

猫は人間に追いかけられると強いストレスを感じます。猫に嫌われないようにするためにも追いかけないようにしましょう。

食事中の猫に触らない

猫がおいしそうに餌を食べている光景はかわいらしいものですが、だからといって触るのは良くありません。猫によっては食事を邪魔されたとして不機嫌になることもあるため、食事中は触らないようにしましょう。

写真撮影時はフラッシュやライトを使用しない

スマホやカメラから出る光は猫の目にとって強い刺激・ストレスになります。
猫の目の健康にも良くありませんので、店内で撮影するときはフラッシュやライトをオフにしましょう。

猫に嫌われない接し方とは?

せっかく猫カフェに遊びに行くのではれば、ぜひとも猫たちと仲良くなりたいものです。ここからは、猫に嫌われない接し方のコツをご紹介します。

体勢はなるべく猫に合わせよう

猫に威圧感や恐怖感を感じさせないよう、なるべく体勢を低くしながら猫に接しましょう。猫にとって人間はとても大きな「生き物」であり、体格差を感じさせるような体勢はあまり好ましくありません。

猫から来るのを待とう

追いかけると猫に恐怖を与えてしまいかねないため、基本には待つスタンスが大切です。
そして猫が近づいてきたら、猫が気持ちを許し始めてくれている証拠です。そっと指先を猫の鼻あたりに差し出して猫と挨拶を交わしてから、用意されているおもちゃで遊んであげると良いでしょう。

優しく、落ち着いた声で話しかけよう

猫は優しく、落ち着いた声を好みます。媚びるような声を比喩する表現に「猫なで声」という言葉がありますが、猫に話しかけるときはまさにこの猫なで声が効果的なので覚えておきましょう!

まとめ

猫カフェ利用にあたり知っておくべき基本的なルールや猫との接し方のコツをご紹介しました。猫カフェで実施されているルールは店舗それぞれ異なるので、事前または利用時に確認するようにしましょう。
お家で猫が飼えない方や、普段猫を見かけても触れ合う機会がなかったという方はこれを機にぜひ、猫カフェを楽しんでくださいね。

Read More

暮らし 2021-01-22

冬も元気に! 寒さが苦手なハムスターの防寒対策

冬が到来すると、ペットが寒がって体調を崩さないか心配になる方は多いものです。
実際、人間のような体温調節機能を持たないハムスターはとても寒がりであり、防寒対策が万全でないと命を落としてしまう恐れもあります。そのため、しっかりとした防寒対策をしてあげることが大切です。

そこで今回は、ハムスターの飼育に適した温度や防寒対策の方法、タイミングについてご紹介します。

ハムスターの飼育に適した温度と防寒対策開始のタイミングは?

ハムスターは体温調整が大変苦手であり、その上とても繊細な性格でストレスに弱い動物です。そんなハムスターがストレスをためることなく快適に過ごせる気温は20~25度、湿度は40~60%程度といわれています。
したがって、飼い主の方はぜひ、この温度・湿度の飼育環境を作ってあげましょう。

そして、防寒対策は室温を適宜チェックして、ハムスターの動きが鈍くなってきた頃に行うと良いでしょう。気温差が大きくなってくる9月頃からが大体の目安です。
地域によっても冬の到来時期が異なるので、秋に入ったら適宜温度計で室温をチェックしてください。

自宅で簡単にできるハムスターのための防寒対策

冬の飼育環境はハムスターの健康を左右する重要なポイントです。
ハムスターの心身に負担がかからないよう、飼い主の方は次のような対策を心がけましょう。

エアコンで24時間室温を管理する

ハムスターを冬の寒さから守るためには、空調設備で室温を調整する必要があります。そのため、エアコンを使用している場合はできる限り24時間稼働させておくことをオススメします。
しかし、不在時はエアコンをつけっぱなしということも難しいかもしれません。その際にはタイマーを利用し、エアコンが稼働する時間を工夫すると良いでしょう。

ケージの置き場所を調整する

室内の温かい空気は下から上へ流れていきます。したがって、エアコンの風向きは下向きで調整し、ケージは高めの場所に置いてあげると良いでしょう。
また、高い位置に置いてあげることで、床上の足音や落下・衝撃音などによるストレス軽減にもつながります。

断熱材でケージの周りを囲う

ケージの周りを段ボールや発泡スチロールなどの断熱材で囲って保温効果を高めてあげることも、防寒対策として有効です。囲む際には全面ではなく、ゲージの中が見えるような形で保護してあげるとハムスターの様子が確認できるのでオススメです。

まとめ

ハムスターの飼育に適した温度や防寒対策の方法、タイミングについてご紹介しました。
動物は本来、生息する地域の環境に合わせて生きていけますが、人間のペットとして飼育されている場合は同じようにはいきません。ハムスターをはじめとする体温調節が苦手な動物を飼っている方は、この点を念頭に置いた上でそれぞれに最適な飼育環境を作ってあげましょう。

New Posts