知る・学ぶ 2020-11-20

初めてでも大丈夫! ドッグランデビューを成功させるポイントとは

広い敷地内を思い切り走り回って遊べるドッグラン。いつもお家でいい子にしている愛犬のためにも、機会があればぜひ連れて行ってあげたい場所です。
しかし、ドッグランが初めての場合は「うちの子は他のワンちゃんと仲良くできるかな?」といった心配や、「何を準備しておけばいいのかな?」といったお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ドッグランデビューを成功させるためのポイントをご紹介します。

ドッグランは犬が自由に遊べる理想的な運動場

ドッグラン(Dog run)は広い敷地内に犬を放し、自由に遊ばせてストレスと運動不足を解消できる犬用の運動場です。なかにはカフェやアトラクションが充実しているところもあり、愛犬と愛犬家が自由にのびのびと過ごせるエンターテインメント施設としても認知され始めています。

しかし、「自由」といってもあくまで飼い主の方による事前準備や監督の下でのことであり、ドッグランを利用する際は他の犬や飼い主の方への配慮が必要不可欠です。
ドッグランデビューを成功させて楽しい時間を過ごすためにも、まずは次にご紹介する事前準備のポイントをしっかり押さえていきましょう。

ドッグランデビューの事前準備ポイント

ドッグランで愛犬と楽しく安全な時間を過ごすために、飼い主の方が事前に済ませておくべきことがいくつかあります。すべて大切なポイントですので、一つずつ確認していきましょう。

最低限のしつけをしておく

「待て」「おいで」「お座り」「伏せ」「だめ」などの最低限のしつけをしておきましょう。しつけができていないと、他の犬とのトラブル問題になりかねません。日頃からしつけは徹底しておくことが大切です。

愛犬の性格を理解する

愛犬の性格を正しく理解することが重要です。ドッグランでは、知らない人や犬がたくさん集まっているため、愛犬の性格ではこのような場でどのような行動やパニックに陥りやすいかなど理解しておきましょう。
愛犬の性格をしっかり理解しておけば、さまざまなトラブルを回避しながらドッグランを楽しめるはずです。ぜひ、愛犬をよく見てあげるようにしてください。

予防接種を済ませて証明書を準備する

ドッグランでは多くの犬と接触することになります。愛犬の保護に加え、他の犬に病気を移す・移されるといったことがないよう、事前に狂犬病や予防接種を済ませておきましょう。
また、ドッグランデビューする際は法律上義務となっている狂犬病予防注射の注射済票のほか、予防接種証明書の提出を求められる場合があります。
予防接種の証明書はペットホテルなどを利用する際にも求められることがありますので、接種後に病院から渡される証明書は大切に保管しておきましょう。

ドッグラングッズを用意する

トイレグッズやリード、飲料水、首輪、ハーネス、おやつなど、ドッグランで使用するグッズは事前に用意しておきましょう。また、遊び道具の持ち込みが可能な場所であれば、おもちゃを準備しておくと良いですね。
お出かけする際はグッズがすべて揃っていることを確認した上で、持っていくのを忘れずに。

愛犬の体調管理を徹底する

犬は体調が優れない場合でも人間のように飼い主へ訴えることができませんので、食欲や表情、行動、排泄などのあらゆる面から愛犬の健康状態を把握しておくことが大切です。
ベストな健康状態でドッグランデビューの日を迎えられるよう、毎日体調を管理する習慣をつけておきましょう。

ノミ・ダニなどの防虫対策をする

季節によっては他の犬のノミやダニが愛犬についてしまい、フィラリアという危険な病気を発症する可能性があります。
ドッグランデビューする際には害虫から愛犬を守れるように予防薬を服用させたり、虫よけ効果のある首輪やスプレーを使用したりするなどの防虫対策をしておきましょう。

知って安心! ドッグランデビューの注意点

ドッグランではさまざまな犬との出会いによりトラブルが起こる可能性があります。そのため、予測できるトラブルを知っておき、回避できるようにしておくことも大切です。

ドッグランのルールを理解する

それぞれのドッグランでは独自のルールがあり、犬の大きさによる入場制限や糞の後処理方法といった規則のほか、水飲み場や柵などの設備状況も大きく異なります。
「また愛犬と一緒に来たい!」と思えるよう、事前にドッグランのルールは調べて把握しておきましょう。それぞれのルールを守ることで、飼い主もワンちゃんも気持ちよくドッグランを楽しめます。

初めてのドッグランでは無理せず、短時間に

犬にとって初めてのドックランでは、緊張のあまり他の犬と遊べず怖がってしまったり、テンションが上がりすぎて思っている以上に疲れてしまったりといった場合もあるでしょう。
すると人間同様に犬も疲れてしまうと判断力が鈍り、指示に従わなくなってしまうことがあります。初めてのドッグランではつい長居させてしまいがちですが、愛犬の体調面を考慮し、適度な時間で切り上げることをおすすめします。

愛犬から目を離さない

ドッグランでは愛犬が他の犬を追いかけまわしたり、本気で喧嘩してしまったりすることが多々あります。
家族や友人と一緒にドッグランへ行くとおしゃべりに夢中になってしまい、愛犬から目を離す時間が増えてしまうこともあるでしょう。しかし愛犬に関するトラブルは飼い主の責任問題にもなるため、なるべく目を離さないようにしましょう。

また、他の犬と写真撮影をし、SNSや個人ブログなどに投稿する場合は飼い主の方に許可を取っておきましょう。無断で投稿すると後々プライバシー侵害といった問題でトラブルに発展する恐れもあるので、この点は忘れないようにしたいものです。

まとめ

初めてのドッグランデビューを成功させるためのポイントをご紹介しました。
ドッグランは犬にとって理想的な遊び場であり、飼い主の方にとっても愛犬との楽しい思い出を作れる場所です。
ドッグランデビューを成功させて「また一緒にドッグランへ行こう!」と思えるよう、ドッグラン初心者の方はぜひ、今回ご紹介したポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。

About this

当サイトは、動物に関する様々なお役立ち情報を
インターネット上で発信するウェブマガジンです。

「日々のお手入れやしつけについて」
「病気や健康・美容に関する知識」「動物に関する雑学」
などを中心に、たくさんの情報が手に入るメディアを
志して日々運営を行なっていきます。

Pick Up 最新のおすすめ記事をご紹介

Read More

暮らし 2020-10-14

季節の変わり目は特に気になる! ペットの抜け毛対策

春と秋ごろの季節の変わり目に気になってくるのが犬や猫の「換毛期」です。
基本的には1年に2回ほど訪れ、ペットにとって体温を調節するための大切な時期ですが、室内で飼っている方にとっては床に落ちた抜け毛の掃除に悩まされることも。

そこで今回は、換毛期のメカニズムや簡単にできるお手入れ方法など、ペットの換毛期の基本についてご紹介します。

ペットの換毛とは? なぜ換毛するの?

換毛とは文字通り「毛が抜け換わる」ことで、特によく毛が抜け落ちる時期を「換毛期」と呼びます。その一方で、ペットの毛は換毛期にだけ抜けると思っている方もいらっしゃるようですが、実はそんなことはありません。

犬や猫の毛には私たち人間と同じように毛周期があり、普段から毛は抜け生え換わっています。そして紫外線や衝撃など外部の刺激から体を守ってくれる毛は、動物の体温調節においてもとても重要なのです。

洋服などである程度自由に体温調節ができる人間と比べ、犬や猫は体温調節が上手くできません。そのため、暑い時期には通気性の良い硬めの夏毛に、寒い時期は保温性の高い柔らかい冬毛に換毛することで、体温を調節しているのです。
このように、動物にとって換毛は快適に生活していく上でとても大切なメカニズムとなっています。

時期に決まりがない種類も! 動物の換毛期

換毛期は一般的には春と秋の年2回で、5~7月と9月~11月ごろが目安とされています。しかし、換毛期は動物の品種や住んでいる地域、個体差などによって異なることがあります。

例えば、太くて硬い毛(上毛)と細くて柔らかい毛(下毛)を持つ「ダブルコート」に分類されるゴールデンレトリバーや柴犬などの犬、ペルシャなどの猫は先ほどご紹介したように、年2回の換毛期があります。
一方、上毛もしくは下毛のみを持つ「シングルコート」に分類されるプードルやマルチーズなどの犬、シンガプーラやシャムなどの猫は特に決まった換毛期はなく、1年を通して少しずつ毛が生え換わっていきます。

また、快適な温度と湿度に調整された室内で暮らすペットの場合、環境の変化による季節の移ろいを感じる機会が減り、換毛期がずれてやってくることがあります。
換毛期を正常に迎えることは健康な皮膚と毛の再生に繋がることでもあるので、普段からお散歩の時間を長くとるなど、ペットに気温の変化を感じさせる工夫が必要になります。

ペットの換毛期のお手入れ方法や注意点

ペットの換毛期は部屋に抜け毛が落ちやすくなるため、お掃除がいつもより手間がかかってしまいますが、そこで必要になるのがブラッシングです。
こまめにブラッシングをすると部屋に落ちる毛の量を減らせるだけでなく、ペットの皮膚を清潔に保つこともできます。特に猫の場合、グルーミングによる大量の毛の飲み込み予防にも繋がります。

なお、ブラッシングの際は室内ではなくベランダや庭でしてあげるという方もいらっしゃいますが、風で毛が飛ぶこともあるので近隣の方々の迷惑にならないように注意が必要です。
さらに、こまめなシャンプーも抜け毛除去に有効ですが、ペットの体質に合ったシャンプー剤を用い、適切な頻度で行いましょう。なかにはシャンプーや水が苦手な子もいますので、無理をさせずにペットに合わせた方法で行ってください。

そして、動物の換毛期はただ毛が多く抜けているだけならば心配ありませんが、そこにいつもと違う様子が見られた際は要注意です。例えば毛のツヤがなくなった、皮膚の一部が見えている、痒みや赤みがある、フケが出てきたなどの症状を伴う場合は、換毛期ではなく脱毛症などの病気を疑いましょう。
抜け毛が生理的なものか、病気によるものかを見極めるのが肝心ですので、少しでもおかしいなと感じた場合は早めに獣医師に相談してみることをオススメします。
また、ペットの換毛期には念のためこうした体調の変化を診てもらうためにも定期的にトリミングサロンなどでケアしてもらうのもよいでしょう。

まとめ

ペットの抜け毛が気になる「換毛期」の基本についてご紹介しました。犬や猫にとって換毛は健康を保つために重要な生理現象ですので、飼い主さんは日頃からブラッシングで抜け毛を除去してあげたり、健康チェックの項目に入れたりするなど、ペットの清潔と健康を守ることを心がけましょう。

Read More

暮らし 2020-09-29

ペットフードだけじゃない! ペットの飲み水について考えよう

ペットの健康に気を使い、ペットフードにこだわっている方は多くいらっしゃいますが、「飲み水」についてはいかがでしょうか? 実はペットへ与える水に適した硬度や健康への影響など、食べ物と同じように飲み水にも留意しておきたいポイントがあります。

そこで今回は、人間と同じように動物の身体の大半を占める大切な「水」について、犬や猫などのペット目線で考えてみましょう。

ペットには硬水と軟水どっちが良いの?

水には大きく分けて「硬水」と「軟水」の2種類があります。
これらの違いは「硬度」、つまり水1Lあたりのカルシウムやマグネシウムの含有量で、日本では一般的には硬度100mg以上ならば硬水、未満ならば軟水とされています。

日本の水道水や国産のミネラルウォーターのほとんどは軟水です。そのためペット用の飲み水として考えたとき、硬水は不向きと考えられています。硬水のミネラルウォーターなどの場合、水に含まれる多くのミネラルがペットの内臓にダメージを与える可能性があるからです。

しかしその影響は少なく、健康なペットであれば特に問題はありません。ただし、尿道結石を患っているペットは硬水で症状が悪化する場合があるので、ミネラルウォーターを飲ませる前に硬度などの水質のチェックをしっかり済ませておきましょう。
また、最近ではペット専用のミネラルウォーターといった商品も販売されていますので、成分をよく確認した上で利用するのもオススメです。

ペットに水道水をあげても本当に問題ない?

ミネラルウォーターは硬度に注意するとして、水道水はペットに与えても何も問題はないのでしょうか?
日本の水道水には消毒のため、塩素やトリハロメタンが含まれています。しかしこれらは微量であり、ペットの健康に害が出る可能性は極めて低いので心配しなくても大丈夫です。ただし、ペットに与えた飲み水を長時間放置していると雑菌が繁殖する原因になるためこまめに取り替えましょう。

一方で、水道水をそのまま飲ませる場合はやはり硬度を気にする必要があります。先ほど日本の水道水はほとんど軟水であるとお伝えしましたが、九州や沖縄、関東地方などの一部地域では硬水になっている場合があります。
そのため、特に引っ越した後などに水道水を安心して飲ませたい場合は、念のため自宅に流れてくる水道水がどの浄水場を通ってきているのか、成分は何が含まれているのかなどあらかじめ調べておくとさらに安心です。

また、どうしても心配な方は成分が明確に示されている宅配のウォーターサーバーを活用すると良いでしょう。現在はおいしい水が楽しめるウォーターサーバーが数多く販売されていますので、ペットと一緒に健康的な水生活を送ってみてはいかがでしょうか?

ペットが水を飲みすぎるor飲まないときは?

犬や猫が1日に必要とする水分の目安は体重(kg)×50~60mLといわれています。この目安より体重(kg)×80mL以上の水を多く飲んでいる場合は注意しておきましょう。
水の飲みすぎから疑われる病気は、腎臓病や糖尿病などさまざまあるので、少しでも違和感がある場合は念のため病院で診察を受けるようにしてください。
また、ペットの飲む水の量が気になるという方には目盛りの入った透明なタンクなどを使用するのがオススメです。

逆に、水を全く飲まない場合にも同様に注意が必要です。環境の変化などによるストレスや古い水の匂いなどを敏感に感じ取り、水を飲まなくなることがあります。
しかし、環境を整えたり容器を変えたりなど工夫しても水を飲まない場合は、腎不全や肝不全など何らかの病気の疑いもあるので、すみやかに病院へ相談しましょう。

まとめ

ペットへ与える飲み水に適した硬度や健康への影響などについてご紹介しました。ペットの健康を保つためには食事だけでなく、飲み水にも気を配るポイントが多数あることがお分かりいただけたのではないでしょうか?
動物にとって水は食事と同様に絶対に欠かせないもの。ペットが飲む水は安全なのか、どれくらい飲んでいるのか、日頃からチェックしておきましょう。

Read More

知る・学ぶ 2020-09-23

いくつ知っている? 日本固有の生きものたち

日本にしか生息しない生物のことを指す「日本固有種」をご存じでしょうか? 自然豊かな日本には、海外では見られない貴重な生物がたくさん暮らしています。

そこで今回は、日本固有種についてや、固有種とされる動物たちをいくつかご紹介します。

日本の特殊な環境とそこに住む生物たち

日本は世界的に見ても実は生物多様性に富んでおり、固有種が多く分布する国として有名です。固有種の多さが一因となり、生物多様性の保全において世界的に重要な地域「生物多様性ホットスポット」に選定されているほどです。

日本に固有種が多い理由には、そもそも島国であることや、国土が南北に長く気候に恵まれていること、さらに標高差があり地形が複雑であること、そして数多くの離島があることなど様々なポイントが挙げられます。

これらの要因が重なり日本独特の豊かな自然が生まれ、そこに適応した「固有種」が多く生存しているというわけです。普段生活しているとなかなか気付きにくいかもしれませんが、世界的に見ても日本は特殊な環境なのです。

「え?これも?」実は身近な固有種たち

「固有種」と聞くと特別なイメージがありますが、実は私たちの身近には日本ならではの生物がたくさん暮らしています。ここでは、特に代表的な生物をいくつか挙げていきます。

アオダイショウ

アオダイショウは沖縄県以外に幅広く分布するヘビで、全長最大2mほどに成長し、毒は持っていません。
山地から平地にかけて草むらや農地、河川敷など人の生活圏内によく生息しているので、見たことがある方は多いのではないでしょうか? 主に昼間に活動し、鳥やその卵、小型の哺乳類などを食べます。

ニホンノウサギ

ニホンノウサギは北海道を除く日本の本州や四国、九州に分布している固有種です。一般的に「ノウサギ」といえばニホンノウサギを指すことが多く、主に草原や森林などに生息しています。体長は50cm前後で、褐色の体毛をしており腹部は白いのが大きな特徴です。
ニホンノウサギは現在のところ絶滅の危惧はないといわれていますが、森林開発や害獣として駆除されることがある影響で生息数の減少が懸念されています。

ムササビ

ムササビは日本の本州、四国、九州に広く分布するリスの仲間です。体長と同じほどの長さの尻尾や、皮膜を広げて滑空飛行をすることで有名ですね。
モモンガとよく間違われますが、ムササビはモモンガと比べ体が大きく、目は小さめです。生息地は低地~亜高山帯と幅広く、山地だけでなく低地にある神社やお寺、林など住宅地の近くで暮らしていることがあります。

天然記念物にもなっている固有種たち

固有種の中には自然や文化上、より価値のある重要なものとして「天然記念物」や「特別天然記念物」に指定されている種がいます。

ニホンカモシカ

ニホンカモシカは「カモシカ」という名前ですが、実はウシの仲間。北海道以外に広く分布し、標高1500~2000mの山岳地に生息しています。そのため、岩や崖でも登れる丈夫な蹄をもっており、この蹄の間や目の下にある匂いが出る器官を使って、縄張りに匂いの印をつけます。

ニホンザル

ニホンザルは本州、四国、九州に分布し、人間以外の霊長類の中で最も北方(青森県下北半島)に生息するサルとして有名です。
その広い分布域の中でも、ある6か所の生息地において、天然記念物に指定されています。温泉に入るサルとして海外でも人気がある一方、日本では人里に降りたニホンザルによる各地の農業被害が深刻化しています。

ヤンバルクイナ

ヤンバルクイナはその名前の通り、沖縄県の山原(やんばる)だけに生息する飛べない鳥です。種の保存法による国内希少野生動植物種に指定されている上、レッドリスト絶滅危惧種IA類でもある希少な種類です。
主に地上で生活し、林の中でミミズやカタツムリなどを食べますが、餌を求めて道路まで出てくることも。マングースなど哺乳類による捕食や、ロードキルによる絶滅が危ぶまれています。

まとめ

今回ご紹介したほかにも、日本には固有種がたくさん存在していますが、その中には人間の活動によって絶滅の危機に瀕している種もいます。日本の固有種を守ることは、世界の生物多様性保全にも繋がる重要な問題です。
この機会に今一度、私たちの周りの生物たちについて何ができるのかよく考えてみましょう。

Read More

知る・学ぶ 2020-09-09

犬が人間になつくようになった起源は? なついてもらうポイント

可愛らしいペットのなかでも、犬と人間の交流は時に映画として作品が制作されるほど昔から親密な関係ですよね。
犬はなぜ人間によくなつくようになったのか?と言われてみれば気になるという方もいらっしゃることと思います。

そこで今回は、人間と犬が共に歩んできた歴史や、犬になついてもらうポイントなどについてご紹介します。

人間と犬が共に歩んできた歴史の起源は1万年以上前?!

私たち人間と犬の親密な関係には長い歴史があり、1万年以上も前に遡るといわれています。
このころの人間と犬は共に獲物を狩って生活していましたが、次第に人間が食べ終わったあとの動物の肉や骨を犬に与えるようになり、一緒に行動するようになりました。

とはいっても、現在のようにペットとしてというよりも、嗅覚などの身体能力を活かした番犬や警察犬といった役割に近いものだったようです。
こうして犬は食べ物をもらう代わりに、その高い能力で人間をサポートするようになり、長い時間をかけて親密な関係性を築いてきました。昔から人間と犬はお互いになくてはならない存在として、家族のように暮らしていたのですね。

かつての犬の習性は今でも残っている?

長い歴史を持つ人間と犬の関係性ですが、かつて群れで狩りをして暮らしていた犬にはこれまでの習性が遺伝し、今でも人間との暮らしを群れとして認識しているとみられています。

そのため、目の前の飼い主を「群れのリーダー」として認識し、特によくなつく傾向にあるようです。その一方で、家族数人で暮らしている場合は、犬は最初に「自分の順位はこの家族のなかで何番目なのか?」と家族同士の関係性をよく観察しているようですので、ペットとして迎え入れた際は勝手に順位づけされようにしつけをよくしておきましょう。

犬のこのような習性は群れで暮らしていたころの名残ではありますが、一緒に暮らしていくうちに単なるリーダーとしてではなく「家族」や「親のような存在」として絆を感じて飼い主さんに褒められたり、撫でられることに喜びを感じていることでしょう。

大切なのは信頼関係! 犬になついてもらうポイント


犬をペットとして迎え入れた際、新しい環境に馴染んで楽しく暮らしてもらうためにも、できるだけ早く飼い主になついてもらいたいものですよね。
しかし、まずは焦らず犬が怖がらないように適度に距離を置きながら、徐々に仲良くなっていくのが最初の大切なポイントです。

犬を必要以上に叱ったりして怖がらせないことはもちろんですが、そのほかにもいきなり無理に触ったりせず、まずは手の匂いを嗅がせて安心させてから優しく撫でるなど、犬との適度な距離を保ちます。
また、性格によって差がありますが、犬はただご飯をあげたり、散歩に連れて行くだけではなつかないことも多いので、焦らずに少しずつ時間をかけて信頼関係を築いていきましょう。特に成犬や保護犬の場合はなつくのに時間がかかるケースも多いです。

さらに、犬を真正面から凝視しない、犬に近づくときは帽子やサングラスを外す、急に大声を出さないなど、犬のペースに合わせながら自然な状態でいることを心がけましょう。

まとめ

人間と犬が共に歩んできた歴史や、犬になついてもらうポイントなどについてご紹介しました。人間と犬の親密な関係の起源は1万年以上も前からだったということに驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今も昔も犬は大切な家族の一員です。ペットとして迎え入れる際は、安心して楽しく暮らしてもらうためにも今回ご紹介したポイントを参考にして、犬のペースに合わせて徐々になついてもらえるような環境づくりから始めていきましょう。

Read More

楽しむ 2020-08-27

お出かけにオススメ! 全国で人気の水族館3選

涼を求めたくなる夏にはもちろん、いつでも空調の効いた屋内で天気の影響も受けにくい水族館は良いお出かけスポットですよね。世界的に見ても水族館の数が多い日本には、バラエティ豊富な水族館が数多くあります。

そこで今回は、その中から3つの水族館をピックアップしてご紹介いたしますので、休日のお出かけの参考にしてみてくださいね。

日本一の来場者数! 1度は行ってみたい「沖縄美ら海水族館」

美ら海水族館は日本の水族館の中で年間来場者数が最も多く、いまや沖縄の観光地の定番スポットでもあります。

ジンベエザメやナンヨウマンタが悠々と泳ぐ世界最大級の水槽が有名ですが、沖縄の美しいサンゴ礁や熱帯魚はもちろん、希少な深海魚、マナティー、オキゴンドウなど、本州の水族館ではなかなか見られない生きものたちに出会える魅力もあります。
実際に標本を触って学べるハンズオンコーナーや、サメの珍しい研究を紹介しているサメ博士の部屋などがあり、教育普及や研究にも力が入っていることが伺えます。

見て、触って、学んで、子どもから大人まで、もっと沖縄の海を好きになること間違いなしの水族館です。なお、水族館のある海洋博公園内には、植物園やプラネタリウムもあるので、1日中遊び尽くすことができますよ。

クラゲの幻想空間?! リニューアルでますます魅力があふれる「すみだ水族館」

東京スカイツリー内にある都市型水族館、すみだ水族館は大人の雰囲気が楽しめる有名なデートスポットの1つです。

オシャレな館内には5種のアロマが焚かれており、ムーディーなライティングも相まって、究極の癒し空間となっています。屋内開放型の水槽では生きものとの距離がとても近く、ペンギンやオットセイと同じ空間にいることが実感でき、従来のアクリルを隔てた水槽では味わえない感動があります。

そして最近では、2020年7月のリニューアルによってクラゲエリアが2倍になり、さらなる「映え」スポットが誕生しました。
約500匹のクラゲが漂う巨大水盤水槽では、クラゲの海の上に立っているような没入体験ができ、非日常的かつ神秘的な世界を楽しむことができますよ。

海だけじゃない! 川にフューチャーした「世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ」

水族館といえば「海」のイメージが強いものですが、岐阜県のアクア・トトぎふは一味違った、「川」や「湖」に住む淡水生物をメインとする水族館です。

4階からスタートして下の階へ歩みを進めていくと、岐阜県を流れる長良川の源流から河口まで、変化していく環境とそこに住む生きものたちを見ることができ、館内で川下りをしている気分を味わえます。環境再現に力を入れていることもあり、生き生きと泳ぐ魚たちの臨場感は圧巻です。

2階からは世界の淡水へと移り、アマゾン川やメコン川、タンガニーカ湖など、世界各地にいる不思議な魚たちに目を奪われていくことでしょう。
そのほかにも、清流ふれあいプールやアシカステージなど、水槽だけでなく体験イベントやショーも充実した、楽しく学べて遊べる工夫が詰まった施設です。

まとめ

日本全国の人気水族館についてご紹介しました。一見どこも同じように見えますが、実は水族館それぞれにテーマや想いが異なり、展示にその水族館ならではの個性が光っています。
今回ご紹介した3つ以外にも、日本にはまだまだ素敵な水族館があるので、今度のお出かけの際にはぜひお近くの水族館に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

New Posts