知る・学ぶ 2019-05-21

猫の多頭飼いを始める前に大切なポイント

猫を飼っている人の中には、さまざまな理由から多頭飼いを始める方もいらっしゃいます。

猫の多頭飼いについては、「猫のストレスになる」、「猫のさみしさを紛らせることができる」など意見が分かれるところですが、実際に猫はどのように感じているのでしょうか?

そこで、今回は猫の多頭飼いについてご紹介します。

猫は一匹でいることを好むわけではない?

猫はよく一匹でいることを好むといわれていますが、すべての猫がそうとは限りません。

猫は縄張り意識が強いため単独行動を好む傾向にありますが、縄張りを共有して猫同士近くで行動している野良猫も多く見られます。例えば、寒い時期は野良猫がたくさん集まって寝ているところを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?

さらに、縄張りをパトロールするときや気候がよいときは単独で行動することも多いですが、仲のよい猫同士であれば行動を共にしていることもあります。

このように、自然に生きる野良猫の行動を見ると、一概に猫は一匹でいることを好んでいるとは言い難い面もあります。

人間と同じように、猫の性格によって行動はかなり変わってくるといえるでしょう。

猫を多頭飼いするときに必要なステップ

猫は単独行動を好む傾向にあるものの、一匹でいることを必ずしも好んでいるわけではないことが分かりました。

しかし、どんな猫でもいきなり他の猫と顔合わせをすると、ケンカになったり、大きなストレスを感じてしまうことがあります。ここでは、猫を多頭飼いするときに必要なステップをご紹介します。

新しい猫のニオイに慣れさせる

まずは新しい猫を一つの部屋に隔離しておき、その部屋に先住猫を入れないようにしておきましょう。

猫は鼻がよいので、すぐに新しい猫のニオイに気付きます。最初は飼い主にほかの猫のニオイがついていることを確認しますので、少しずつそのニオイに慣れさせましょう。

新しい猫をケージに入れて様子を見る

先住猫がニオイに慣れてきたら、次は新しい猫をケージに入れて様子を見ましょう。

先住猫を新しい猫の部屋へ自由に出入りさせると、自分から徐々に近づいていきます。このとき、ケージには上から大きなタオルなどを被せて中を見えないようにすると猫同士のストレスが軽減されるのでオススメです。

ケージから新しい猫を出してみる

次はケージを覆っていたタオル等を外して、ケージ越しに対面させてみましょう。最初は猫同士で威嚇しあうかもしれませんが、慣れてくるとお互いにニオイを確認するようになります。

その後、新しい猫をケージから出して直接対面させてみましょう。あとは二匹の相性が合うかどうかを見守ることになります。

猫の性格や環境によっても異なりますが、多頭飼いを始めて約1週間から2週間程度でお互いの存在に慣れていくといわれていますので、焦らずにじっくりと猫同士の距離感とタイミングを見守ってあげましょう。

先住猫が甘えん坊の場合は、飼い主の愛情を新しい猫に取られたと思い、それがストレスになることもあります。新しい猫が来ても、以前と変わらない愛情で先住猫を可愛がってあげてください。

まとめ

多頭飼いは猫の性格によって合う・合わないがあります。

一緒に暮らし始めてもなかなか慣れないときは、焦らずにゆっくりと待つことが大切です。

猫同士が仲良くなれば、多頭飼いならではのじゃれあう可愛い姿などが見られるかもしれません。その時を楽しみに、それぞれの猫のペースを尊重し見守ってあげてくださいね。

About this

当サイトは、動物に関する様々なお役立ち情報を
インターネット上で発信するウェブマガジンです。

「日々のお手入れやしつけについて」
「病気や健康・美容に関する知識」「動物に関する雑学」
などを中心に、たくさんの情報が手に入るメディアを
志して日々運営を行なっていきます。

Pick Up 最新のおすすめ記事をご紹介

Read More

知る・学ぶ 2019-04-22

猫は放し飼いと室内飼いのどっちが幸せ?

近年は猫ブームが到来し、ペットとして猫を飼う方が増えています。

その際、健康管理や安全面などを理由に室内飼いをする方が圧倒的に多いですが、猫の自由を奪いたくないという考えから外へすぐ出て行けるように放し飼いをする方もいます。
飼い方は個人の考え方にもよりますので、どちらがよいか判断が難しいところですよね。

そこで今回は、猫の放し飼いと室内飼いのメリットとデメリットについてご紹介いたします。

猫を放し飼いにするメリットは少ない?

まずは、猫がすぐに外へ出掛けていけるようにする放し飼いにはどんなメリットがあるのでしょうか?

運動不足になりにくい

外にすぐ出ていけるように放し飼いされている猫は、室内飼いに比べ行動範囲が広いため運動不足になりにくいというメリットがあります。
外で自分の縄張りをパトロールするために歩き回っているので、肥満になる心配もそれほどありません。

ストレスが溜まりにくい

放し飼いは猫が自分の好きなときに好きな場所に出掛けられるため、ストレスを溜めにくくなるのもメリットの一つでしょう。
また外で好きに動き回って疲れるためか、帰ってくると心地よさそうに寝ている姿が見られます。

室内での爪とぎが減る

猫を放し飼いにしていると外を歩くのでアスファルトで爪が削られ、爪切りをこまめにしなくてよいというメリットもあります。
家の中で爪とぎをする回数も減るので、壁や家具をボロボロにされることも少なくなります。

事故や病気の可能性も! 猫を放し飼いにするデメリット

次に放し飼いのデメリットをご紹介します。猫を放し飼いにすると自由に動き回れる分、さまざまな危険が伴いますのでデメリットも多くあります。ここでは、代表的な例を挙げていきます。

交通事故に遭う可能性がある

猫の放し飼いの最も大きなデメリットといえば、やはり交通事故に遭う可能性が高くなることです。放し飼いをする以上は、こればかりは避けることができません。

病気やケガの危険性が上がる

放し飼いをしていると、ノミやダニなどから寄生されることも考えられます。
また、ほかの猫から菌が感染し、病気になってしまう可能性も高くなります。ほかの猫とケンカをしてケガを負うことも多く、そこから感染症を引き起こしてしまうこともあります。

近隣住民からの苦情

猫が他人の敷地内に入り込んで糞や尿をしたり、イタズラをして迷惑をかける可能性があることもデメリットの一つです。そこから近隣住民とトラブルに発展することも考えられます。

このように、猫の放し飼いにはメリットもありますが命を脅かす危険が多いです。ケガをしたときの感染症を防ぐため必ず予防接種は受けておきましょう。
また、近隣の住民の方から理解を得たり、野良猫と間違われないように名前と連絡先を書いた首輪を必ず付けておくことも大切です。

外に出て行かないように注意も必要! 猫を室内で飼うメリット

それでは危険なデメリットも多い猫の放し飼いに対して、室内飼いにはどんなメリットがあるのでしょうか?

猫を室内飼いするメリットは、まず外にパトロールに行く心配がないため、交通事故に遭ったりほかの猫とケンカをしてケガを負う心配もない点が挙げられます。
放し飼いの場合は、ほかの猫と接触することで感染症を引き起こす心配がありますが、室内飼いはそうしたリスクがないため病気にかかりにくいというメリットもあります。
さらに、近隣の住民に迷惑をかけることもないため、ご近所トラブルが起きることもありません。また、放し飼いの場合、外で暴力など虐待される心配がありますが、室内飼いはそうした被害に遭うことも防げます。

一方で、室内飼いの場合は猫もストレスが溜まって外に出たがりますので、玄関や窓を開けたときに出て行ってしまわないように注意が必要です。

猫の室内飼いは少なからずデメリットもある?

猫の室内飼いは、放し飼いにしたときの危険がなくなるなどのメリットがある一方で、少なからずデメリットもあります。

まず、室内飼いは猫が運動不足になりやすく、肥満気味になってしまうのがデメリットの一つだといえます。自由に外へ出て行ける放し飼いに比べて室内は行動できる範囲が限られているため、猫の運動量が圧倒的に減ってしまうのが原因です。
猫が肥満気味になると免疫力も下がり、病気にかかりやすくなるので注意が必要です。

そして、動き回ることができないことがストレスになってしまい、元気がなくなってしまうことも考えられますので、おもちゃなどを使って積極的に猫と遊んであげてください。

まとめ

猫の放し飼いと室内飼いにはそれぞれメリット・デメリットがあることがお分かりいただけたことと思います。
どのような点に気をつけなければならないのかよく考えて、ご家族と猫にとってベストな選択をしてください。

Read More

美容・健康 2019-04-21

なぜ猫はニオイがしない? シャンプーの必要性について

猫はあまりニオイのしない動物です。そのため、定期的にシャンプーを行なうべきか悩んでしまう飼い主さんは多いと思います。

人間は毎日のようにお風呂に入らないと、皮膚や頭皮に汚れや脂がたまってニオイを発しますが、猫は体の汚れをどのように落としているのかご存知でしょうか?

今回は、猫のシャンプーの必要性についてご紹介いたします。

猫はもともとニオイが出にくい動物

はじめに、なぜ猫はニオイがほとんどしないのか解説いたします。
猫は自然界ではほかの獲物を狩って生きているため、ギリギリまで獲物に気付かれずに近づけるよう、もともとニオイが出にくい体質になっています。

さらに、自分でもニオイを出さないように日頃からグルーミング(毛づくろい)を行う習性もあります。
猫の舌には一面にザラザラとした突起物があり、この突起物がグルーミング(毛づくろい)のときに毛のほつれを直したり、ニオイの原因となる汚れを取る役目を果たしています。

このように、猫はもともとの身体的特徴と清潔に保つための習性が備わっていることで、体を洗わなくてもほとんどニオイがしない大きな要因となっています。

猫は水より「砂浴び」と「日光浴」が好き

猫の祖先は砂漠地帯に生息していたとされており、その名残からか水に濡れることをとても嫌う動物です。
しかし、背中を地面に擦り付けてゴロゴロする「砂浴び」は喜んで行ないます。

背中を地面に擦り付けることで体についた害虫を取り除いているといわれていますが、室内飼いの猫でも床やカーペットに体を擦り付けてゴロゴロする姿をよく見かけると思います。
これは砂浴びの代わりにしている行動で、自然界で生きてきた祖先の習性が今も受け継がれているのです。

また、猫が日光浴をしているところもよく見かけますが、日光を浴びることでニオイの原因となる雑菌の繁殖を防いでいます。
砂浴びや日光浴をする習性が、猫にとって害虫や雑菌を防ぐシャワー代わりになっているのかもしれませんね。

猫にシャンプーは必要ない?

猫は水に濡れるのを嫌うためお風呂に入れると大暴れすることがあり、シャンプーして洗うのを断念してしまったという方は多いと思います。

今回紹介したような、猫の体質や習性を考えるとシャンプーを無理に行なう必要はありません。シャンプーを定期的に行なう場合は年に1~2回くらいの周期で行なうのがよいでしょう。
シャンプーのし過ぎは皮脂が不足して毛のツヤがなくなったり、皮膚病の原因になるなど、かえってマイナス効果となってしまうことが多いため注意しましょう。

頻繁にシャンプーしないと汚れやニオイがどうしても気になるという方は、温めた蒸しタオルなどで猫の体を拭いてあげるだけでも効果があります。

シャンプーのメリットは?

とはいえ、猫のシャンプーにメリットが全くない訳ではありません。

例えば、シャンプーをすることで猫アレルギーを引き起こすアレルゲン物質を一時的とはいえ大幅に減らせることがわかっています。
猫アレルギーを持っている方の来客がある場合等は、事前にシャンプーしておくことでアレルギー対策が可能です。

また、猫はグルーミングで飲み込んだ毛を毛玉として吐き出すことがあります。
毛玉の嘔吐は多少なりとも体への負担になるため、シャンプーで抜けた毛を洗い流すことで、毛玉の嘔吐の回数を抑えられる効果があります。
猫が毛玉を嘔吐する回数が多い場合は、シャンプーを検討してみてもいいでしょう。

まとめ

猫にシャンプーを行う必要性は、あまりないことがおわかりいただけたかと思います。
猫が外から帰ってきて泥でひどく汚れていたときや、病気などで定期的なシャンプーが必要な場合などは除いて、頻繁にシャンプーすることはかえって猫に負担をかけてしまう場合があるため控えましょう。

また、長毛種など猫の種類によっては定期的にシャンプーが必要な場合もありますが、猫の体に負担をかけないためにもできるだけ蒸しタオルやブラッシングなどで済ませてあげるとよいでしょう。

シャンプーは絶対にしてはいけない! というものではないので、猫への負担を考慮しながら状況に応じて上手にシャンプーを活用してみてください。

Read More

暮らし 2019-04-17

ペットを迎え入れる準備はOK?

初めてペットを飼う方にとって、最初の課題となるのが迎え入れの準備ではないでしょうか?
ペットショップにはたくさんのペット用品が販売されていますが種類も多く、何を準備すればいいのか迷ってしまうこともあると思います。

今回は、犬や猫を初めて迎え入れるときに必要なものをご紹介いたします。

ペットを迎え入れる準備をする前に

はじめにお伝えしておきたい事は、ペットを迎え入れるときは動物の大きさや成長具合により準備するペット用品は異なってくるということ。
生後まもない子犬・子猫と成犬・成猫では、水を飲む量やフードを食べる量も変わってきます。
ペット用品を購入する際には、必ずペットの成長度合いに見合った商品かどうかをしっかりと確認しましょう。

ペットを迎え入れるときに必要なもの

それではペットを迎え入れるときに、必要なものをご紹介いたします。新たな家族を迎え入れるためにも、事前にしっかりと準備をしておきましょう。

ペットキャリー

ペットを迎えるとき、ペットショップや保護団体などに赴いて引き取る方は、ペットを入れて運べるキャリーは­必要なアイテムとなります。引き取る時だけでなく、予防接種などの通院時やお出かけ時に必要になります。

なお、ペットを迎え入れる時の移動用に専用の箱を用意してくれているペットショップもあるようですが、繰り返し使う用には設計されていないため、あらかじめペットキャリーを用意しておくと安心です。

食器・水入れ

ペット用の食器は、ペットの成長に伴って食べる量も変わってきますので、時期を見て買い替えが必要になるグッズのひとつです。
普通のお皿でも代用できますが、ペット用の食器には勢い良く食べても滑らないよう底に滑り止めがついているものや、食べるときに首に負担がかからないよう高さを変えられる専用の台が付いているものなど、様々な工夫がされているアイテムも数多く販売されています。

水入れは食器と同じような器タイプのものが定番ですが、自動給水器が付いたタイプもペットをお留守番させる際に便利なため人気があります。

首輪・リード

迎え入れるペットが犬の場合、散歩に出かけられるのはワクチン接種がある程度終わってからになります。
しかし、病院に向かうときの安全性を考え、首輪やリードの準備は最初にしておいた方がよいでしょう。

また、犬も猫も首輪に慣れるまでには個体差がありますが、子供のうちから慣れさせておくことをおすすめします。
さらに万が一の時のためにも、首輪には連絡先を記載したタグも忘れずに付けておきましょう。

ケージ or サークル

ケージやサークルは、ペットを囲う柵の役割を果たすアイテムで、ペットの大きさによって選ぶべきサイズが大きく変わるアイテムです。置く場所もしっかりと検討したうえで購入しましょう。
ケージやサークルは、動物たちを閉じ込めてしまう事になるので可哀想、という意見もありますが、清潔に整えてあげれば犬や猫がリラックスできる自分だけ空間になります。

また、ペットホテルでの宿泊時や病院への入院時、近年では災害時に避難所生活する際に長時間ケージや個室に入れなければならない場面もあります。
環境が変わることへのストレスに加え、慣れないケージや個室での生活はペットにとって更に負担がかかることになるため、普段からケージやサークルに慣れさせておくことも大切です。

トイレ

ペットを迎え入れるときは、トイレの用意をしっかり整えてあげましょう。
犬の場合はトイレトレーを設置し、ペットシーツを敷いておきます。猫にはトイレに撒く砂も必要です。

ペット用のトイレは豊富なデザインがあり、大きさ、形状、素材など実にさまざまです。設置する場所やペットの大きさに合わせて選ぶとよいでしょう。

フード

様々なメーカーから多数のフードが販売されていますが、犬と猫に共通してオススメなのが「総合栄養食」と書かれたフードです。このフードと水があれば、必要な栄養がバランスよく摂取できるよう調合されています。しかし、体調や成長度合いによってはうまく食べられないということもあります。そういった場合はメーカーや種類を変えて試してみてください。

さらに、子供の頃と成長後、また老齢になったときも必要な栄養素は変わってきます。慢性的な病気や肥満に対応したフードなど、様々な年齢・症状に合わせたフードがあるため、どれを選んでいいのかわからないときは、ペットショップや獣医さんに相談すると、最適なフードを教えてもらえますよ。

まとめ

ペットを迎え入れるときに必要なものをご紹介いたしました。
ペットを迎え入れる準備は最初が肝心です。
新しい家族に新しい環境で心地よく過ごしてもらうためにも、万全の状態でお迎えできるよう楽しんで準備しましょう。

Read More

知る・学ぶ 2019-04-15

ドッグトレーナーの仕事とは?

「将来は動物に関わる仕事がしたい」と考えている方の中には、「ドッグトレーナーに興味がある」という方も多いのではないでしょうか?

ドッグトレーナーの仕事は、犬がペットとして人と一緒に暮らしていけるようにマナーを訓練し、さらにペットと人がよい関係を築けるようサポートやアドバイスを行なう職業です。

ここでは、ドッグトレーナーという仕事について改めてご紹介いたします。

ドッグトレーナーの仕事とは?

ドッグトレーナーは、犬がペットとして人と暮らしていけるように訓練する職業です。
主に散歩やトイレ、お留守番などのマナーを訓練しますが、飼い主の要望や住環境に合わせたトレーニングも行ないます。
さらに犬の訓練だけでなく、飼い主に対してもアドバイスやサポートを行ないます。

犬のしつけは、ペットとして暮らしていく上で飼い主とよい関係を築くために非常に重要です。
そのため、ドッグトレーナーはペットと人が問題なく暮らしていけるよう手助けする大切な役割を担っています。

なおドッグトレーナーは、盲導犬や警察犬などの「使役犬」として犬を訓練する「犬の訓練士」とは訓練内容が異なりますので、混同しないように注意しましょう。

ドッグトレーナーの仕事をする上で大切なもの

ドッグトレーナーは言葉が通じない犬をトレーニングしていく職業です。
犬の種類などに合わせた訓練の知識が必要なほかに、なかなかマナーが身につかない犬にも諦めずに愛情を持って接し、地道に信頼関係を築いていく根気強さが必要になります。
また、飼い主の要望や悩みをしっかりとヒアリングしてサポートを行なうのもドッグトレーナーの大切な仕事です。

犬それぞれの個性に合ったしつけの方法を見つけて、飼い主へアドバイスを正しく伝えるコミュニケーション能力が求められます。
飼い主とペットから信頼されるドッグトレーナーになるために、正しい知識としっかりとした技術、そして高いコミュニケーション能力を身につけましょう。

ドッグトレーナーに必要な知識と技術を取得するためには?

ドッグトレーナーには国家資格はありませんが、プロとして実際に現場で活躍している人のほとんどが、知識や技術をしっかりと学んだあとに民間資格を取得しています。
ドッグトレーナーとして活躍するためには、まずは専門の教育機関で学び、資格を取得して飼い主とペットから信頼される力をつけましょう。
専門学校などの教育機関では、プロの講師から学べるだけでなく、実際に動物を扱う実習が受けられるほか、現場で即戦力となる知識や技術が身につけられます。

近年は、ペットブームとともに「ペットのしつけ」が改めて重要視されドッグトレーナーのニーズも多様化しています。 犬のしつけ教室やペットショップをはじめ、ドッグランのスタッフや動物とふれあえるテーマパークなど、ドッグトレーナーの活躍する場は年々広がっています。

将来、現場で活躍できるドッグトレーナーを目指すならば、資格取得を目標に専門学校等などで効率よく学び、しっかりと技術や知識を身につけましょう。

Read More

知る・学ぶ 2019-04-12

動物看護師の仕事について

動物に関わる仕事に就きたいと考えるときに、動物の命を救う「動物看護師を目指したい」と思われている方も多いのではないのでしょうか?

動物看護師の仕事は、病院で動物の治療や診療を行なう獣医師のサポートのみならず、多岐にわたる業務があるため幅広い知識と技術が必要な職業です。

ここでは、動物看護師という仕事について改めてご紹介いたします。

動物看護師の仕事とは?

動物看護師は、主に動物病院で動物の治療や診療を行なう獣医師のサポートをする仕事です。

具体的には、診察中に動物が動かないように固定したり、体温や脈拍の測定、検査器具の準備・消毒など、診察がスムーズに進むためのサポートを行ないます。
さらに、ペットの病状や検査結果の飼い主への説明、入院動物の健康管理なども動物看護師の仕事になるため、飼い主やペットとのコミュニケーションも大切になります。

このほかにも、カルテの管理や外来受付などの事務的な仕事や、病院内の清掃など幅広い業務をこなします。
これらの業務を通して、飼い主とペットが安心して治療や診療を受けられる環境作りを行なうのが動物看護師の仕事です。

動物看護師の仕事をする上で大切なもの

動物看護師は大切な命に関わる業務になるため、動物に関する幅広い知識や技術が求められます。
さらに、動物の体や病気に関する知識はもちろんですが、ペットの日々の体調管理やしつけなどのアドバイス、処方した薬の効果などを飼い主に分かりやすく説明するためのコミュニケーション能力も大切です。

そのほかにも、ペットの被毛を整えたり爪や耳の手入れなどのトリミングスキルや、入院動物のサポート、医療事務など幅広い業務を柔軟に行なえる対応力も必要です。
飼い主とペット、獣医師から信頼される動物看護師になるために、正しい知識としっかりとした技術を身につけましょう。

動物看護師に必要な知識と技術を取得するためには?

動物看護師は動物に関する幅広い知識や技術だけでなく、様々な業務に対応できる力をつけることも重要です。

現在は必要な国家資格はありませんが、実際に現場で動物看護師として活躍している人のほとんどが知識や技術をしっかりと学んだあとに民間資格を取得しています。
動物看護師として活躍するためには、まずは専門の教育機関で学び、資格を取得して飼い主とペット、獣医師から信頼される力をつけましょう。
専門学校などの教育機関では、プロの講師から学べるだけでなく、実際に動物を扱う実習が受けられるほか、現場で即戦力となる知識や技術が身につけられます。

昨今は動物診療のニーズが多様化し、動物病院だけでなくペットショップや動物園、ペットホテル、ペットサロンなどでも多くの動物看護師が活躍しています。
資格取得を目標に専門学校等で効率よく学び、しっかりと技術や知識を身につけることが、現場で活躍できる動物看護師を目指す最短ルートと言えそうですね。

New Posts