知る・学ぶ 2019-07-16

動物看護師が国家資格に! 「愛玩動物看護師法」が成立

2019年6月21日、国会で「愛玩動物看護師法」が成立し、動物病院で獣医師をサポートする動物看護師の国家資格化が実現しました。

これにより、早ければ2023年にも第一回目の国家試験が実施され、国家資格「愛玩動物看護師」が誕生します。

動物看護師の国家資格化が実現

「動物看護師」は、主に動物病院で動物の治療や診療を行なう獣医師をサポートする仕事です。動物の大切な命に関わる仕事ですので、業務内容も多岐にわたり幅広い知識や技術が必要です。

これまで動物看護師は国家資格がなく、現場で活躍している人のほとんどが知識や技術をしっかりと学んだあとに民間資格を取得していました。
しかし、今後は国家試験を受けて合格すると「愛玩動物看護師」の資格を取得できるようになります。

昨今は犬や猫などをペットとして家族に迎え入れる方が増えており、獣医療へのニーズも高まっていることが今回の「愛玩動物看護師法」の成立につながりました。

獣医療を支える動物看護師になるためには?

「愛玩動物看護師法」の成立によって動物看護師の国家資格化が実現したことにより、今後は獣医療を支える動物看護師へのニーズがさらに高まるとみられています。
また、国家資格を取得すると、獣医師の指示で犬や猫へのマイクロチップの挿入や採血、投薬などを行なうことができるようになるため、より幅広い知識や技術が求められるようにもなります。

これから動物看護師を目指そうとお考えの方は、将来的に国家試験に合格して「愛玩動物看護師」の資格を取得するためにも、まずは専門の教育機関などでしっかりと学び、獣医師や飼い主、ペットに信頼される力をつけましょう。
専門学校などの教育機関では、 プロの講師から学べるだけでなく、実際に動物を扱う実習が受けられるほか、現場で即戦力となる力が習得できます。

将来、現場で活躍できる動物看護師を目指すならば、まずは資格取得を目標に専門学校などで効率よく学び、しっかりと知識や技術を身につけましょう。

About this

当サイトは、動物に関する様々なお役立ち情報を
インターネット上で発信するウェブマガジンです。

「日々のお手入れやしつけについて」
「病気や健康・美容に関する知識」「動物に関する雑学」
などを中心に、たくさんの情報が手に入るメディアを
志して日々運営を行なっていきます。

Pick Up 最新のおすすめ記事をご紹介

Read More

暮らし 2019-05-31

猫にお留守番させるときの注意点

猫を飼っている方にとって、仕事や用事で家を空けるときに気になるのが猫のお留守番です。

多頭飼いならまだしも一頭だけで飼っている方は、お留守番中に猫が寂しくないか心配になりますよね。さらに、たとえ家の中であっても不意な事故で猫が怪我をしないかと心配な方も多いと思います。

猫は孤独を好むともいいますが、お留守番をさせても本当に大丈夫なのでしょうか? また、お留守番させるときはどのような点に注意したらいいのでしょうか?

そこで今回は、猫のお留守番のさせ方についてご紹介します。

猫は飼い主が外出すると寂しくなる?

猫は社会性の強い動物ではないため、よく孤独に強いといわれています。
野生の中では群れをなして生きる犬と違い、猫は本来仲間がいなくても一頭で生きていくことが可能です。

しかし、現代社会で生きる野良猫の場合は、縄張りの中で仲良くなった猫同士で常に行動を共にすることがあるようです。

一方、室内飼いしている猫の場合は、常に食事が与えられてエサに困ることもないため飼い主に対して依存性が高まります。
一頭飼いしている場合は仲間もいないことから、飼い主が出かけてしまうと寂しいと感じるのは当然のことといえるでしょう。

猫の性格にもよりますが、飼い主が出かけたあとにずっと鳴き続けて寂しがる子もいれば、10分もしないうちに日頃の生活に戻りマイペースに過ごす子もいます。

猫にお留守番させるときの注意点

外出で家を空けるときは、猫に危険を及ぼす可能性があるものはしまっておくことが大切です。

例えば、猫が触れると傷付く危険性があるものや、猫が口にすると中毒を起こしてしまうようなものなど、体に害のあるものは全て棚や引き出しの中にしまっておきましょう。

特に食事を与えずに出かける場合は、猫は袋を破ってでも食べものを探すことがありますので危険なものは必ずしまってから外出してください。
普段は絶対に食べないから大丈夫と思ってそのままにしておくと、外出しているときに食べてしまうことがあります。

さらに、お風呂に水を張ったまま出かける場合は浴室を立ち入り禁止にしておく必要があります。
猫がお風呂に誤って落ちてしまうことも考えられるため水を抜いておくか、絶対に入れないようにドアを閉めておきましょう。

まとめ

猫のお留守番のさせ方についてご紹介しました。

お留守番中の猫は飼い主がいなくてもマイペースに過ごしている子が多いですが、外出するときの注意点を守って安全を確保しておくことが大切です。

また、家を空けるときに猫をケージに入れてお留守番させる方もいますが、何時間もケージに入れたままにしておくと猫のストレスが溜まり暴れ回ることも考えられます。長時間外出するときはなるべく自由に歩き回れるようにしておきましょう。

Read More

知る・学ぶ 2019-05-30

始まりは江戸時代?日本の動物園の歴史

動物園といえば、国内では東京都の上野動物園や北海道旭川市の旭山動物園、静岡県の富士サファリパークなど、全国各地で多くの人々から親しまれています。

昔から訪れる人を魅了している動物園ですが、これまでどんな歴史を歩んで今日に至っているのかご存知でしょうか?

今回は、日本の動物園の歴史についてご紹介します。

日本の動物園の始まりは江戸時代?

日本で初めて動物園の原型となるものが登場したのは、江戸時代といわれています。

江戸時代にはまだ「動物園」と呼べる現在のような施設はありませんでした。しかし、主に孔雀茶屋や花鳥茶屋、鹿茶屋などと呼ばれる当時の飲食店で、美しい鳥や珍しい動物が見世物として飼われていました。

このころはあくまで飲食店の宣伝目的のために動物が飼育されていましたが、庶民が動物を見て楽しむ展示施設の原型となりました。

そして、1866年(慶応2年)に福沢諭吉の著書「西洋事情」によって西欧の施設や制度が紹介され、その中で「動物園」という単語が初めて用いられました。

日本では福沢諭吉によって「動物園」という呼称とともに、のちに動物園が作られるきっかけとなる西欧の近代的な概念が広まったのです。

日本最初の動物園が開園したのは明治時代

1882年(明治15年)になると、日本で最初の動物園となる上野動物園が開園しました。

開園のきっかけは、1873年(明治6年)に日本が生きた動物を出品したウイーンの万国博覧会でした。その際、出品した動物たちを国内に持ち帰り一般の人々のために公開したのが始まりとなりました。

最初は国内の動物を中心に展示されていましたが、日本の国際進出にともないトラをはじめとする外国産の動物たちも展示されるようになり、来場者数も大きく伸びていきました。

そして、その後は京都市記念動物園や、大阪の天王寺動物園など全国の地方都市に次々と動物園が開園していきます。しかし、戦争が始まるとほとんどが閉鎖状態になってしまいました。

戦後の復興とともに歩み始めた日本の動物園

戦時中は人間だけでなく動物にとっても多くの悲劇が起こり、動物園は大きな打撃を受けましたが、戦争が終わると徐々に復興していきました。

戦後、動物園に平和外交の象徴として各国から動物たちが寄贈され、少しずつ活気を取り戻して来場者数が増えていきます。

その中でも、インドから上野動物園に寄贈された子供の像が人気を博しました。さらに、像にほかの動物を加えた移動動物園が作られ、東日本を中心に巡業して戦後の日本に元気を与えていました。こうした取り組みが刺激となり、その後全国で次々と動物園が開園していきました。

時代の流れとともに変化する動物園

戦後から本格的に日本全国に広まった動物園は「子供のための施設」という一面が強いものでした。

しかし、時代の移り変わりとともに動物を見世物として公開するだけでなく、動物の生態を学ぶ高度な生涯教育施設としても歩み始め、現在に至っています。

これまでも動物園ではさまざまな取り組みが行なわれてきましたが、未来に向けてさらなる研究の成果や発展が期待されています。

日本の動物園の歴史を学んでから動物園へ行くと、これまでとはまた違う視点で楽しめるかもしれませんね!

Read More

楽しむ 2019-05-23

爬虫類を飼ってみよう! オススメの動物3選

日本でペットとして飼育する動物は多種多様に存在していますが、カメレオンなどの爬虫類は昔から根強い人気を誇っています。爬虫類のちょっと変わった可愛らしい見た目に魅力を感じて飼う方が多いようです。

そこで今回は、ペットとしてオススメの爬虫類を3つご紹介いたします。

長生きで実は人懐っこい?! カメ

爬虫類の中でも長生きなことで知られているカメは、ペットショップやホームセンターなどで手に入りやすく、飼育もしやすい動物として親しまれています。

現在は多くの種類のカメが販売されていますが、特に「クサガメ(ゼニガメ)」や「イシガメ」、「セマルハコガメ」などが人気のようです。

カメは実は人懐っこいため、慣れてくると飼い主の元へ向かってきてくれることもある可愛いらしい一面があります。

一方で、カメは意外に動きが素早い動物ですので、脱走して外へ逃げてしまわないように注意し、カメを触ったあとは必ず手を石鹸でよく洗いましょう。 また、カメは排泄などで水を汚しやすいため水槽のこまめな掃除も大切です。

さらに、長寿なこと知られているカメは種類によっては30年以上生きます。長生きなカメを最後まで責任を持って飼育する意識を持ち、途中で捨てたりするのは絶対にやめましょう。

現代に生きる優しい恐竜?! イグアナ

まるで現代に生きる恐竜のような姿のイグアナも爬虫類のペットとして人気の動物です。

イグアナは怖そうな見た目に反して性格がおとなしく、温厚な性格をしていることで多くの人々から親しまれています。また、十分なスペースが確保できる場合は室内で放し飼いすることも可能ですし、しつけすればトイレも覚えられる動物です。

イグアナの中でも、「グリーンイグアナ」という種類は特に飼育しやすいといわれ、主に野菜や果物を食べるため昆虫を餌として用意することに抵抗がある方から人気のようです。

そのほかには、「マダガスカルミツメイグアナ」や「サバクイグアナ」という種類が飼育しやすいことで知られています。

長く伸びる舌が個性的なカメレオン!

カメレオンは環境に合わせて体の色が変わり、獲物を捕らえるために長く伸びる舌を持つなど、爬虫類の中でも特に変わった動物ですよね。

そんな個性的な特徴を持つカメレオンですが、一方で飼育が難しい生きものとしても知られています。

カメレオンはとても繊細なため、1つのケージに複数の個体を入れるのはもちろん、ガラスに映った自分の姿を見るだけでもストレスを感じるそうです。

また、飼育する環境の温度や湿度設定、餌やりなどもほかの動物に比べると条件が難しいためしっかりとした知識が必要です。飼育前にしっかりと勉強をして予備知識をつけておきましょう。

カメレオンの中では、「エボシカメレオン」や「パンサーカメレオン」という種類が比較的飼育しやすいといわれています。

まとめ

ペットとしてオススメの爬虫類を3つご紹介いたしました。

カメレオンやイグアナは珍しいペットとして人気がありますが、カメも飼育しやすく人懐っこいためオススメです。ペットの飼育を検討している方は、犬や猫に加えて今回ご紹介した爬虫類もぜひ候補に加えてみてはいかがでしょうか?

また、爬虫類を飼育する際は、病院によっては爬虫類を診察できない場合がありますので、自宅の近くの動物病院でしっかり検査できるかも事前に確認しておきましょう。

Read More

知る・学ぶ 2019-05-21

猫の多頭飼いを始める前に大切なポイント

猫を飼っている人の中には、さまざまな理由から多頭飼いを始める方もいらっしゃいます。

猫の多頭飼いについては、「猫のストレスになる」、「猫のさみしさを紛らせることができる」など意見が分かれるところですが、実際に猫はどのように感じているのでしょうか?

そこで、今回は猫の多頭飼いについてご紹介します。

猫は一匹でいることを好むわけではない?

猫はよく一匹でいることを好むといわれていますが、すべての猫がそうとは限りません。

猫は縄張り意識が強いため単独行動を好む傾向にありますが、縄張りを共有して猫同士近くで行動している野良猫も多く見られます。例えば、寒い時期は野良猫がたくさん集まって寝ているところを見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?

さらに、縄張りをパトロールするときや気候がよいときは単独で行動することも多いですが、仲のよい猫同士であれば行動を共にしていることもあります。

このように、自然に生きる野良猫の行動を見ると、一概に猫は一匹でいることを好んでいるとは言い難い面もあります。

人間と同じように、猫の性格によって行動はかなり変わってくるといえるでしょう。

猫を多頭飼いするときに必要なステップ

猫は単独行動を好む傾向にあるものの、一匹でいることを必ずしも好んでいるわけではないことが分かりました。

しかし、どんな猫でもいきなり他の猫と顔合わせをすると、ケンカになったり、大きなストレスを感じてしまうことがあります。ここでは、猫を多頭飼いするときに必要なステップをご紹介します。

新しい猫のニオイに慣れさせる

まずは新しい猫を一つの部屋に隔離しておき、その部屋に先住猫を入れないようにしておきましょう。

猫は鼻がよいので、すぐに新しい猫のニオイに気付きます。最初は飼い主にほかの猫のニオイがついていることを確認しますので、少しずつそのニオイに慣れさせましょう。

新しい猫をケージに入れて様子を見る

先住猫がニオイに慣れてきたら、次は新しい猫をケージに入れて様子を見ましょう。

先住猫を新しい猫の部屋へ自由に出入りさせると、自分から徐々に近づいていきます。このとき、ケージには上から大きなタオルなどを被せて中を見えないようにすると猫同士のストレスが軽減されるのでオススメです。

ケージから新しい猫を出してみる

次はケージを覆っていたタオル等を外して、ケージ越しに対面させてみましょう。最初は猫同士で威嚇しあうかもしれませんが、慣れてくるとお互いにニオイを確認するようになります。

その後、新しい猫をケージから出して直接対面させてみましょう。あとは二匹の相性が合うかどうかを見守ることになります。

猫の性格や環境によっても異なりますが、多頭飼いを始めて約1週間から2週間程度でお互いの存在に慣れていくといわれていますので、焦らずにじっくりと猫同士の距離感とタイミングを見守ってあげましょう。

先住猫が甘えん坊の場合は、飼い主の愛情を新しい猫に取られたと思い、それがストレスになることもあります。新しい猫が来ても、以前と変わらない愛情で先住猫を可愛がってあげてください。

まとめ

多頭飼いは猫の性格によって合う・合わないがあります。

一緒に暮らし始めてもなかなか慣れないときは、焦らずにゆっくりと待つことが大切です。

猫同士が仲良くなれば、多頭飼いならではのじゃれあう可愛い姿などが見られるかもしれません。その時を楽しみに、それぞれの猫のペースを尊重し見守ってあげてくださいね。

Read More

知る・学ぶ 2019-05-14

雑種犬とミックス犬の違いとは?

近年はペットショップなどで「ミックス犬」という表記を目にすることが多くなりました。「ミックス犬」と言うと「雑種犬」を思い浮かべる方も多いと思いますが、この二種類にはどのような違いがあるかご存知でしょうか?

そこで、今回は雑種犬とミックス犬の違いについてご紹介いたします。

昔からお馴染み?! 雑種犬とは

はじめに、昔から日本で親しまれてきた「雑種犬」には具体的にどんな特徴があるのか見ていきましょう。

雑種犬は、2種以上の異なる品種の犬同士が自然に交配して生まれた子供のことを指します。

今では野良犬を見かけることがほとんどなくなりましたが、昔の日本では屋外に放されている犬や野良犬が多く、人間の気付かないうちに交配して繁殖していたため、街中には雑種犬がたくさんいました。

そのため、雑種犬はさまざまな種類の犬の血が混じり、見た目や性格などの個性が犬によって大きく異なっていました。また、地域の気候や環境に適応していること犬も多いです。

現在、日本で定着している雑種犬のイメージはここからきているといわれており、雑種犬と聞くと日本犬の血が混じった中型〜大型犬を思い浮かべる方が多いのはこのためです。

可愛らしい姿が人気のミックス犬とは

次に、近年ペットショップなどでよく目にする「ミックス犬」にはどんな特徴があるのでしょうか?

ミックス犬は、主に人工的に異なる種類を交配させて生まれた犬のことをいいます。実はミックス犬と呼ばれる犬も2種以上の血が掛け合わされた雑種犬なのです。

ただし、ペットショップで取り扱っているミックス犬は純血種同士を人工的に掛け合わせた、親がはっきりしている犬がほとんどです。

そのため、親からどのような特徴を受け継いでどのように成長するかもある程度予測ができます。

代表的なミックス犬の種類には、チワワとプードルから生まれた「チワプー」や、シーズとマルチーズから生まれた「マルシーズー」、チワワとダックスの「チワックス」などが主に挙げられます。そのほかにも、「マルプー」や「ポンスキー」など様々な種類のミックス犬が生まれており、大きな耳や長い銅などそれぞれの犬の身体的な特徴が合わさることで可愛らしい姿が楽しめます。

雑種犬とミックス犬の違いを知って飼育しよう!

雑種犬とミックス犬の違いについてご紹介しました。

雑種犬もミックス犬もどちらも違う犬種の掛け合わせによるものだということがお分かりいただけたと思います。

主にペットショップ等で「ミックス犬」の表記が多いのは、「雑種犬」というと野良犬などを連想する等の理由で好まない人への配慮や、「雑種」という言葉で血統がはっきりとしてないことから、どんな成長の仕方をするのか不安な方にも安心していただけるように考えた結果なのかもしれませんね。

どちらの種も大きくなってからどんな姿に成長するか楽しみにしながら、たくさん可愛がってあげてくださいね。

New Posts