知る・学ぶ 2020-09-09

犬が人間になつくようになった起源は? なついてもらうポイント

可愛らしいペットのなかでも、犬と人間の交流は時に映画として作品が制作されるほど昔から親密な関係ですよね。
犬はなぜ人間によくなつくようになったのか?と言われてみれば気になるという方もいらっしゃることと思います。

そこで今回は、人間と犬が共に歩んできた歴史や、犬になついてもらうポイントなどについてご紹介します。

人間と犬が共に歩んできた歴史の起源は1万年以上前?!

私たち人間と犬の親密な関係には長い歴史があり、1万年以上も前に遡るといわれています。
このころの人間と犬は共に獲物を狩って生活していましたが、次第に人間が食べ終わったあとの動物の肉や骨を犬に与えるようになり、一緒に行動するようになりました。

とはいっても、現在のようにペットとしてというよりも、嗅覚などの身体能力を活かした番犬や警察犬といった役割に近いものだったようです。
こうして犬は食べ物をもらう代わりに、その高い能力で人間をサポートするようになり、長い時間をかけて親密な関係性を築いてきました。昔から人間と犬はお互いになくてはならない存在として、家族のように暮らしていたのですね。

かつての犬の習性は今でも残っている?

長い歴史を持つ人間と犬の関係性ですが、かつて群れで狩りをして暮らしていた犬にはこれまでの習性が遺伝し、今でも人間との暮らしを群れとして認識しているとみられています。

そのため、目の前の飼い主を「群れのリーダー」として認識し、特によくなつく傾向にあるようです。その一方で、家族数人で暮らしている場合は、犬は最初に「自分の順位はこの家族のなかで何番目なのか?」と家族同士の関係性をよく観察しているようですので、ペットとして迎え入れた際は勝手に順位づけされようにしつけをよくしておきましょう。

犬のこのような習性は群れで暮らしていたころの名残ではありますが、一緒に暮らしていくうちに単なるリーダーとしてではなく「家族」や「親のような存在」として絆を感じて飼い主さんに褒められたり、撫でられることに喜びを感じていることでしょう。

大切なのは信頼関係! 犬になついてもらうポイント


犬をペットとして迎え入れた際、新しい環境に馴染んで楽しく暮らしてもらうためにも、できるだけ早く飼い主になついてもらいたいものですよね。
しかし、まずは焦らず犬が怖がらないように適度に距離を置きながら、徐々に仲良くなっていくのが最初の大切なポイントです。

犬を必要以上に叱ったりして怖がらせないことはもちろんですが、そのほかにもいきなり無理に触ったりせず、まずは手の匂いを嗅がせて安心させてから優しく撫でるなど、犬との適度な距離を保ちます。
また、性格によって差がありますが、犬はただご飯をあげたり、散歩に連れて行くだけではなつかないことも多いので、焦らずに少しずつ時間をかけて信頼関係を築いていきましょう。特に成犬や保護犬の場合はなつくのに時間がかかるケースも多いです。

さらに、犬を真正面から凝視しない、犬に近づくときは帽子やサングラスを外す、急に大声を出さないなど、犬のペースに合わせながら自然な状態でいることを心がけましょう。

まとめ

人間と犬が共に歩んできた歴史や、犬になついてもらうポイントなどについてご紹介しました。人間と犬の親密な関係の起源は1万年以上も前からだったということに驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今も昔も犬は大切な家族の一員です。ペットとして迎え入れる際は、安心して楽しく暮らしてもらうためにも今回ご紹介したポイントを参考にして、犬のペースに合わせて徐々になついてもらえるような環境づくりから始めていきましょう。

About this

当サイトは、動物に関する様々なお役立ち情報を
インターネット上で発信するウェブマガジンです。

「日々のお手入れやしつけについて」
「病気や健康・美容に関する知識」「動物に関する雑学」
などを中心に、たくさんの情報が手に入るメディアを
志して日々運営を行なっていきます。

Pick Up 最新のおすすめ記事をご紹介

Read More

知る・学ぶ 2020-07-30

大切なペットが亡くなってしまったときは

大切なペットが病気や寿命を迎えて亡くなってしまったとき、飼い主はとてつもなく深い悲しみに暮れることと思います。
毎日元気な姿を見せて私たち家族を癒してくれた存在が、ある日を境にいなくなってしまうのは受け入れ難い事実でしょう。
しかし悲しんでばかりいると、ペットも悲しい気持ちになってしまいます。

今回は、大切なペットが亡くなってしまったときに少しでも飼い主さんの悲しみが晴れるようなお話やケアについてご紹介いたします。

ペットは飼い主から受けた愛情を忘れない!

ペットが亡くなると途端に家の中が静かになり、ふとした瞬間にいなくなってしまった悲しみでいっぱいになってしまいます。飼い主さんにとっては「もっと遊んであげたらよかった」、「もっと大事にしてあげられたのではないか」など、考えればきりがないぐらい後悔の思いが出てきてしまうことでしょう。

しかし、悲しんでいても亡くなったペットが戻ってくるわけではないですし、どんどんふさぎ込んでしまいます。
「もっと愛してあげられればよかった」と感じて後悔する必要はありません。ペットは人から受けた愛情は決して忘れないといわれています。生前に与えたたくさんの飼い主さんからの愛をもって旅立っていったのです。
ペットが亡くなったあとにも、可能であれば大好きだったオモチャやペットフードを一緒にお供えして喜ばせてあげてくださいね。

亡くなったペットが向かう「虹の橋」の物語

亡くなったペットは天国に行く前に「虹の橋」に向かい、飼い主が来るのを待っているという言い伝えがあります。
虹の橋は、草木が溢れていて食べ物も水もあり、仲良しな他の仲間たちもいて、弱っていた姿ではなく元気だった頃の姿に戻り、いつか再会する飼い主のことを橋で待っているとされています。

私たち人間もいつかは「虹の橋」を渡ります。ペットとの別れは辛いものですが、いずれまた再会できるときを楽しみに日々充実した生活を送りましょう。

ペットロスを乗り越えるために

ペットロスを乗り越えようと思っていても、なかなか思っただけでは乗り越えることは難しいものです。楽しかった時のことを思ってたくさん涙を流し、ペットに関わったことのある人と昔の話をすることで、ペットがいた時の生活を回顧することができ、いつしか思い出に変わると思います。

思い出に変わるといっても決して忘れてしまうというわけではなく、心の中でずっとペットが生き続けるという意味になります。ペットの死を受け入れるのには長い時間がかかるかもしれません。しかし、時間が経つとともに心の整理ができるので、今は辛くともペットを送り出してあげましょう。

どうしてもペットを失った悲しみが耐え難く辛いときは、思いっきり泣くことが一番です。そしてそんなときには、お友達やご家族に悩みを打ち明け、アドバイスをもらいながら一緒に悲しみを癒していきましょう。
また、もしも周囲にペットロスの方がいたときには、ご自身の経験談とともに思いの丈を聞いてあげてくださいね。

まとめ

大好きな家族の一員であるペットが亡くなると、何とも言い難い悲しみでいっぱいになります。死を受け入れられずに長期間にわたって悲しんでしまう人も少なくありません。
しかし先述した通り、虹の橋でペットは飼い主がいつか来てくれるのを待っています。いずれ天国に行ったときにペットと再会できると思い、亡くなったペットの分まで今を生きていきましょう。

Read More

美容・健康 2020-07-22

夏の暑さにご注意! 知っておきたいペットの熱中症対策

近年は、昔に比べて夏の暑い日には気温が30度を大きく超えることも多く、テレビなどでは熱中症への注意が呼びかけられています。熱中症は人間だけでなく、時にはペットの命を危険にさらしてしまうこともありますので十分に注意が必要です。

そこで、今回はそんな熱中症から大切なペットを守るための対策についてご紹介します。

ペットの熱中症、その原因や症状は?

日中の散歩や留守番中の室内など、夏はほかの季節と比べて特にペットを取り巻く環境に気をつかう必要があります。
犬や猫は人間と違って体の構造上、大量に汗をかいても体温を下げることができません。そのため、人間が「少し暑いかな?」と思うぐらいの気温や湿度でも、呼吸による体温調節が間に合わず熱中症になってしまうことがあるのです。

こうした犬や猫の熱中症の症状は、いずれも「呼吸が浅く・速くなる」、「ぐったりしている」などから始まります。
その後、「よだれが多くなる」、「呼吸が激しくなる」、「目や口の中の充血」などをはじめ、さらには意識障害や痙攣、嘔吐などの症状が現れ、やがて呼吸不全や臓器損傷に繋がり、処置が間に合わなかった場合は命の危険にさらされることもあります。

しかし、熱中症になったからといってこれらの症状が全て出るわけではありませんので、症状の現れ方には個体差があることを覚えておきましょう。
また、ウサギやハムスターのようなエキゾチックアニマルの場合は犬や猫より体が小さい分、気温や湿度の影響を受けやすく、症状が進むのも早いため日頃の観察や予防がより重要になります。

熱中症は日頃から対策しておくことが大切!

夏の熱中症は決して油断できませんが、予防ができる病気です。日頃からペットが過ごしやすい環境を整えて、熱中症対策に努めましょう。

夏は普段の散歩を工夫する

炎天下の散歩は熱中症のリスクはもちろん、熱いアスファルトで肉球を火傷する恐れもあります。そのため早朝や夜など、なるべく涼しい時間帯の散歩に切り替えましょう。
また日中に出かける際は、水に濡らした犬用シャツを着せたり、こまめな水分補給を忘れないように気をつけてください。

ペットのお家は風通しの良い、直射日光の当たらないスペースへ

ペットの小屋やケージは中に熱がこもらないよう、風通しの良い場所を確保してあげましょう。小屋を屋外に置いている場合は日陰に移動し、ケージを屋内に置いている場合は高温になりやすい窓際を避けてくださいね。

冷房や除湿をつける

特にエキゾチックアニマルのような環境の変化に弱いペットを自宅で飼っている場合は、エアコンで上手に室温・湿度を調整してあげましょう。室温が低くても湿度が高いと熱中症になりやすいので、気をつけてください。

そのほかにも、保冷グッズを活用したり、いつでも水分補給ができるよう予備の飲み水を用意したりと細かな心配りが熱中症予防に繋がります。

ペットの様子が変! 万が一の時はどうすればいい?

万が一ペットの様子が普段と違い、熱中症の疑いがある場合はまず体を冷やしましょう。すぐに涼しい場所に移動させて、エアコンをつけて室内を冷やしてください。その後、濡れタオルで全身を拭き、首や脇、後ろ足の付け根を重点的に冷やします。
このとき水を飲ませることも効果的ですが、ぐったりして呼びかけに反応しない場合は誤飲を避けるため、無理に飲ませない方が良いでしょう。

また、ペットに意識がないときはもちろんですが、意識がある場合や応急処置後に熱中症から回復したと思われる場合も、念のため動物病院で診察を受けるようにしてください。見た目の症状が落ち着いていても、体内の臓器にダメージを負っている可能性があるので油断は禁物です。

まとめ

大切なペットを暑さから守るための熱中症対策についてご紹介しました。
ペットは私たちが思っている以上に暑さに弱く、体の異常を人間に直接伝えることができません。そのため飼い主はペットの些細な変化も見逃さないよう、日頃からよく観察しておく必要があります。
ペットの命を守り、一緒に楽しい夏を過ごすためにも熱中症対策についてよく考えてみてくださいね。

Read More

知る・学ぶ 2020-07-14

思わぬところに危険が? 海遊びの時に注意したい生物

夏といえば海!磯で生物観察やシュノーケリングを楽しむ方も多いと思います。
そこで注意してもらいたいのが、海の危険生物です。海には付き合い方を間違えるとケガや中毒を招く原因になる生きものがいます。

うっかり被害に遭わないためにも、代表的な海の危険生物をあらかじめ知っておきましょう。

要注意! 毒を持つ魚、噛まれると痛い魚

カサゴの仲間に気をつけよう

釣り好きな方にはなじみ深い、カサゴ。その仲間には強い毒を持ったものもいます。

例えば、磯でよく見られる「ハオコゼ」。水中では目立たない茶褐色をしており、周囲に溶け込んで敵から身を隠しています。
あまり動かない上に可愛らしい見た目のため、触ってみたくなるかもしれませんが、背びれのトゲには毒があり、刺されると激しい痛みやしびれに襲われます。

なかでも、特に気をつけてもらいたいのが「オニダルマオコゼ」です。色や形が岩にそっくりな比較的大型の魚で、南方の海によくいます。背びれと尾びれ、腹びれのトゲにある毒は、ハオコゼとは比べものにならないほど強く、死亡例があるほどです。

どちらも、存在に気づかずに手や足で踏みつけて刺されるケースがあるので、移動の時は周囲の安全をよく確認するよう心がけましょう。

鋭い歯が危険なウツボ

ウツボは見た目の通り、開いた口の中に見える鋭い歯が危険な魚です。この歯に噛まれると非常に痛く、傷の深さによっては縫わなければならないこともあります。
しかし、ウツボは基本的に温和な性格です。こちらが何もしない限り襲ってこないので、岩の割れ目などウツボがいそうな場所に不用意に手を入れなければ、噛まれる心配はありません。

魚だけじゃない! 海の危ない生物

刺すクラゲには要注意!

海の危険生物の代名詞ともいえる、クラゲ。そんなクラゲは種類によって「刺さないクラゲ」と「刺すクラゲ」がいることをご存知でしょうか?
このなかで危険な毒を持っているのは「刺すクラゲ」の方です。刺されてもさほど痛くないものから、呼吸困難や心停止などにつながる危険性の高いものまで、毒の強さはさまざまです。

また、浜辺に打ちあがったクラゲの死骸にも毒が残っている場合があるので、状態にかかわらず、クラゲを見かけても近寄らないようにしておきましょう。

猛毒を持つヒョウモンダコ

ヒョウモンダコは体長10㎝ほどと小さく、青い輪紋が可愛らしいタコです。
しかし唾液に強い毒を持っており、噛まれると毒が体内に回って、呼吸困難や心停止などを引き起こします。
タコを見かけると、物珍しさから捕まえたくなるかもしれませんが、ヒョウモンダコの恐れもあるので不用意に手を伸ばさないようにしましょう。

そのほかにも、長く鋭いトゲを持つウニの仲間「ガンガゼ」や、毒毛の生えた「ウミケムシ」など、海には多くの危険生物がいます。

もしも海で毒に触れてしまったら?

「怪我の応急処置は知っているけれど、毒に触ってしまった時はどうすればいいの?」と悩む方は多いです。毒に対する応急処置は、毒の種類によって方法が異なります。
例えば、クラゲに刺された場合は、患部をこすらず、素手で触らないようにピンセットなどで患部の触手を取り除き、海水で静かに洗い流します。

お酢をかける方法も有名ですが、これはクラゲの種類によっては逆効果なので判断が難しい時は避けてください。
また、むやみに処置を施し患部を刺激すると、悪化したり二次被害が及ぶこともあるので、毒の種類や処置の方法が分からない場合は必ず医師の判断を仰ぐようにしましょう。

このほか、症状が遅れて出てくる場合もあるので症状の軽さにかかわらず、毒を持っている生物に刺された、もしくは噛まれた場合はすぐに病院で診察を受けてください。

まとめ

海には危険な生きものもいますが、それらを理解し、見知らぬ物には不用意に手を伸ばさなければ必要以上に恐れなくても大丈夫です。
夏の楽しい思い出を壊さないためにも、海で遊ぶときは周囲の安全確認を忘れないようにしてくださいね。

Read More

楽しむ 2020-06-29

おうちで一緒に観よう! 犬が活躍する映画3選

数多くあるアニマル映画のなかでも、可愛らしいワンちゃんが出演する作品は昔からたくさんの人々を楽しませています。なかには、映画を通してペットを飼いたくなったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、皆で笑えるものから涙なしでは観られないものまで、犬が活躍するさまざまな映画をご紹介します。

子どもから大人までワクワクドキドキ! ペット(2016年)

おうちでいつも一緒の大好きなペットが留守番の時は何をしているのか気になりますよね。
本作は、大ヒット作品「ミニオンズ」も手掛けたイルミネーション・エンターテインメントとユニバーサル・スタジオによる長編アニメで、日本では人気芸能人による吹き替えでも有名です。

ニューヨークで暮らすテリアのミックスであるマックス君を中心に、飼い主がいない留守番中、仲間を巻き込み大冒険にくりだすドタバタコメディとなっています。
家から飛び出して大きく動いていく物語はもちろん、コミカルでカワイイ登場キャラクターにも心を掴まれます。

犬のほかにも猫、インコ、モルモット、ウサギ、タカ、ヘビ、カメなど、人間が飼っている動物(ペット)たちが個性的に面白く描かれているので、きっとお気に入りの1匹が見つかることでしょう。
「うちの子も、実は留守番中にこんなことしてるかもね」と、皆でワイワイ楽しむことができる作品です。

予告だけでも涙が止まらない? 僕のワンダフル・ライフ(2017年)

「もしも、大好きだったあの子が生まれ変わって、もう一度会いに来てくれたら」と、動物を飼った経験がある方ならば、1度は考えたことがあるのではないでしょうか?

本作は飼い主と再び巡り合うため、50年で3度も生まれ変わって飼い主を探す犬を描いた、極上のラブストーリーです。高い評価と人気を得て、2019年には続編が公開されました。

主人公はゴールデン・レトリバーのベイリー君。大好きな飼い主のイーサンの元で幸せに暮らすも、志半ばで寿命を迎えます。
その後、再びイーサンの元へ戻ろうと、異なる犬に次々転生してイーサンを探します。3度目の転生でようやくイーサンと再会できるも、「ベイリー」とは呼んでもらえないという展開を迎えます。

果たして、イーサンにベイリーと気づいてもらえるのか?ベイリーの志は無事成し遂げられるのか?犬好きな方に限らず、誰しもがベイリーの一途な想いに心を打たれること間違いありません。
また、ベイリーが生まれ変わったさまざまな犬、ジャーマン・シェパードやコーギーなど、ワンちゃんたちの名演技にもぜひ注目してみてください。

見習い警察犬の結末が気になる実話! きな子~見習い警察犬の物語~(2010年)

香川県の「ダメかわいい」見習い警察犬として一躍有名になった「きな子」をもとにした、社会で実際に活躍する見習い警察犬のお話です。

ラブラドール・レトリーバーの仔犬のきな子と、警察犬訓練士を目指す杏子。訓練所で出会った彼女らは、パートナーとして共に警察犬試験合格を目指し、日々訓練に勤しみます。
しかし、試験に何度も失敗するきな子と未熟な自分を責める杏子に別れの危機が。果たしてきな子は警察犬になれるのか?

犬の成長はもちろん、人間(飼い主)の成長にも注目です。かわいいだけじゃない、動物を相手にする仕事の難しさを垣間見ることができます。「警察犬はどのようにして誕生するのか?」、「訓練士ってどんな仕事?」など、普段見られない警察犬育成の裏側が気になる方に、特にオススメしたい作品です。

まとめ

今回ご紹介した3作品は犬好きな方も、そうでない方も楽しめる映画ばかりです。
お子さんのお休みの日や、自宅で過ごす時間が増えた方はこれを機に、犬が活躍する映画で楽しいおうち鑑賞会を楽しんでみてはいかがでしょうか?

Read More

知る・学ぶ 2020-06-16

レッドリストとレッドデータブックって何?

誰もが一度は聞いたことがあるであろう、「レッドリスト」や「レッドデータブック」という言葉。どちらも生物に関係するものですが、その内容や違いをご存知でしょうか?

今回は実はあまり知られていない、レッドリストとレッドデータブックについてご紹介いたします。

レッドリストとレッドデータブックの違いとは?

「レッドリスト」とは絶滅の恐れがある野生生物種のリストのことで、世界的には国際自然保護連合(IUCN)、国内では環境省や地方公共団体などが作成しており、約5年ごとに見直しが行われています。

一方、「レッドデータブック」とは、レッドリストに掲載されている種の生息状況や絶滅危惧の原因などもまとめた解説本のことで、レッドリストより詳細な情報が記載されており、約10年ごとに見直しが行われています。
これらの情報は環境省がホームページに掲載しているので、いつでも誰でも見ることができますよ。

また、似た言葉に「(外来生物)ブラックリスト」や「ホワイトリスト」などがあります。
これらは外来生物や海外からの輸入生物などに関するリストなので、国際的な生物問題に興味がある方は一度調べてみてはいかがでしょうか?

レッドリストの中身はどんなもの?

レッドリストと一口に言っても、動物は哺乳類、鳥類、両生類、魚類、昆虫類、植物は維管束植物、藻類、菌類などのように分類群ごとにリストが分けられています。これらのリストの中身を見てみると、野生生物1種ごとの絶滅危機度合が、生息状況などによって細かくカテゴリー(ランク)分けされています。

カテゴリーには、まずすでに絶滅したと考えられる種として「絶滅 (EX)」があり、次に飼育や栽培下、または自然分布域の明らかに外側で野生化した状態でのみ存続している種として「野生絶滅 (EW) 」があります。

さらに、絶滅の危機に瀕している種として「絶滅危惧I類 (CR+EN)」、ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高い種として「絶滅危惧IA類(CR)」があります。
そして、IA類ほどではないものの、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いとみられる「絶滅危惧IB類(EN)」や、絶滅の危険が増大している種の「絶滅危惧II類 (VU)」など、危険度別に絶滅のおそれのある種(絶滅危惧種)がカテゴリーされています。

また、現時点での絶滅危険度は小さい一方で、生息条件の変化によっては「絶滅危惧」に移行する可能性のある種として「準絶滅危惧 (NT)」があり、そのほかにも、評価するだけの情報が足りない「情報不足(DD)」、地域的に孤立した個体群で絶滅の危険性が高い「絶滅のおそれのある地域個体群 (LP)」もあります。

レッドリストやレッドデータブックは何のためにあるの?

地球には昔から様々な生物が誕生し、生息しています。その中には大きな気候変動など、自然のプロセスを経て絶滅した種もいます。

しかし現在、自然のプロセスとは異なる人間の活動が原因で、かつてないスピード・広範囲で多くの種が絶滅の危機に立たされています。それらを保護するためには、まず第一に現状の把握が欠かせません。そこで登場するのがレッドリスト及びレッドデータブックです。
生物の保護計画を進めたり、各種開発事業の環境影響評価の際には、専門家によって科学的かつ客観的に評価・作成されたこれらが重要な基本的資料になるのです。

また、レッドリストには捕獲規制など法的な効果はありませんが、私たち一般人への警鐘、啓蒙、自然環境保全の促進など幅広い場面で役立っています。

まとめ

普段の生活において、「レッドリスト」や「レッドデータブック」を耳にする機会は少ないですが、実は地球環境に密接する大切なものであることがお分かりいただけたことと思います。
ぜひ興味がわいた方はリストをご覧になってみてはいかがでしょうか? 「あの動物も絶滅しそうなの!?」と驚きと新しい発見があるかもしれませんよ。

New Posts