入学をお考えの方のための、よくある質問

学校法人 中央工学校 中央動物専門学校

韓国語サイトへ
資料請求
イベント情報
イベント情報
12/16sat 体験入学
体験入学

体験入学のご案内

10:00〜15:00(ランチ付き)
志望学科の模擬授業が体験できる1日体験入学

12/2sat 学校説明会
説明会

学校説明会のご案内

13:30〜16:30
当校の特色、各学科の学習内容等が理解できる半日説明会

中央動物ブログ一覧

ホーム > よくある質問(入学をお考えの方)

よくある質問(入学をお考えの方)

1.体験入学・学校見学について

※項目をクリックすると回答をご覧頂けます。

体験入学と学校説明会では内容が違いますか?

体験入学では、美容・看護・共生の特徴的な授業体験や美容教員によるトリミングショーの見学を通して、より深くカリキュラムや学校のことが理解できます。

服装について教えていただけますか?

犬や猫と触れあう時間があるので、動きやすくて動物の毛がついても大丈夫な服装で参加してください。高校の制服じゃなくても大丈夫です。

保護者も一緒に参加できますか?

保護者の方にも学校のことを知っていただきたいので是非ご一緒にご参加ください。保護者やお友達との参加は大歓迎です。お気軽にいらしてください。

途中からの参加でも大丈夫ですか?

途中からの参加もOKです。学校の都合等で遅れる場合は、参加申し込み時に遅れることをお伝えください

普段の授業見学はできるのですか?

随時受け付けています。事前に連絡の上来校ください。おもしろい授業や楽しい講師の日をご案内します。

学生寮に入寮を希望しているのですが、見学はできますか?

できます。体験入学や各種説明会の終了後、希望者には学生寮の見学をご案内しています。また、実際に学生寮に宿泊してみることもできます。希望の場合は入学相談室までご連絡ください。

2.入学選考方法について

選考方法を教えていただけますか?

推薦入学は書類審査と面接、一般入学は書類審査、面接、作文選考です。

調査書はどこを重視しますか?

評定平均値、欠席日数及び事由、学習態度等を評価の対象とします。

面接ではどのような所を重視しますか?

質問に対する答え方、表現方法、積極性、面接態度等です。(接客業向きか。)

論文・作文はありますか?また、ある場合、テーマを教えていただけますか?

一般入学のみ作文選考(400字程度)があり、テーマは当日発表します。(将来の目標等)

推薦入試を実施していますか?その方法について教えていただけますか?

校長推薦(評定平均値2.7以上)と特別推薦(学校関係者・卒業生・動物関連)があります。

大・短の合否結果がでた後でも、専門学校の入学選考に間に合いますか?

推薦、一般ともに実施回数を分けていますので、適宜出願可能です。併願制度もあります。

特待生入学の応募基準について教えていただけますか?

高校の新卒者で、評定平均値3.8以上、出席率95%以上で、校長推薦が受けられることです。

特待生入学の選考方法は?

書類審査、作文、面接試験です。選考日当日に作文(800字)と面接を実施し、各50点、計100点の採点と、書類審査の内容で評価をします。

3.カリキュラム・授業について

一日の授業時間数はどのくらいですか?また、授業の1時限は何分ですか?

1日6時限です。1時限50分です。

時間割や授業時間はどのようなものになりますか?

授業体制は1日6時間・週5日間授業です。(前期18週・後期18週・卒業期17週)

年間の授業時間を教えていただけますか?

各学年1,200時間(1日6h×5日×40週)です。その他、土日に動物管理実習、見学会等があります。

教材はどんなものを使うのですか?

各実習(美容・看護・訓練等)に必要な教具教材や実習着等を入学式前に購入していただきます。(約28〜32万円)

進級の条件を教えていただけますか?

出席率80%以上で、定期試験の科目合格及び認定ライセンス合格です。

自分の家で飼っている犬を美容実習に使えないのですか?

大丈夫です。最低でも実習日約1週間前に美容科教員に申し込みください。

動物アレルギーがあるのですが、入学しても大丈夫ですか?

個人差があると思いますので、症状が重い人は、医師と相談してください。

4.資格・検定について

取れる資格は国家資格ですか?それとも民間資格ですか?

民間資格です。動物関連の国家資格は獣医師のみです。

学校を卒業したら資格をもらえるのですか?それとも試験を受けるのですか?

在学中に取得、進級・卒業要件の資格、卒業後受験の資格があります。

資格の受験費用はいくらですか?

全科共通で必修の公認トリマー・公認動物看護師に学科が5,000円、実技が10,000円です。合格後に登録料として20,000円が必要になります。

資格で実務経験が必要なものはありますか?

在学中に取得可能な資格は、実務経験不要です。動物看護関連科・動物共生関連科は、動物看護師統一認定機構の動物看護師受験に際し、本校がコアカリキュラム採用校のため就学期間を実務経験とみなしてもらえるので、在学中看護関連科は2年の履修時に、共生関連科は3年の履修時に受験可能となっています。

貴校だけでしか取得できない特別な資格はありますか?

全日本動物専門教育協会発行の各種ライセンスがあります。動物共生環境コーディネーターは本校動物共生関連科で取得できます。

5.就職について

求人職種はどのようなものが多いですか?

動物看護師・トリマーが多いです。ペットショップスタッフ、フードメーカー、ペット系ベンダー、動物実験施設、動物保険会社、福祉施設等があります。

どのような就職指導を行っていますか?

個人面談を実施し、学生の希望の方向性を確認した上で、積極的に実務研修参加(インターンシップ制度)を指導しています。また、学内において合同企業説明会を開催しますから、その際に多くの企業の求人担当者と直接お話をする機会もあります。

就職したい地域の会社に実績がありますか?

過去の求人社数約750社の他、学生が希望をリストアップした研修先に、就職担当者がアプローチをします。

修業年数によって給与や就職先が変わってきますか?

ほぼ変わりません。ただ、一部では修業年限によって基本給を変えているところもあります。3年制の技術力・知識力・応対力を一部メーカーが評価してくれています。

卒業しても就職しない人はいるのですか?

他分野の学校や、本校の3年制へ進学するケースもあります。

6.学費・奨学金制度について

初年度納入金はいくらですか?

126万円です。但し入学手続時は前期分のみですので74万5千円です。

初年度納入金以外にかかる教材費はいくらですか?

愛犬美容関連科は約28万円、動物看護関連科及び動物共生関連科は約30〜32万円です。但し年度により異なります。

初年度納入金の内訳を教えていただけますか?

入学金20万円、授業料48万円、実習費29万円、施設維持費26万円、学友会費3万円です。

学友会費の内訳を教えていただけますか?

健康診断費用、学生災害傷害保険料、インターンシップ活動賠償責任保険料、全日本動物専門教育協会年会費他です。

大学合格、その他の理由により入学を辞退した場合、納めたお金はもどりますか?

返金手続きを避けるため、併願制度を設けています。現在は、入学前の3月31日までに入学辞退の申請をしていただいた場合、入学金以外は返金しています。

日本学生支援機構の奨学金以外に特待生制度、奨学金制度などはありますか?

中央動物専門学校特別奨学金制度(進級費用50万円以内を一括貸与)があります。マスタースカラシップ制度(3年制3年次、4年制4年次に進級を希望する学生を対象とした授業料減免特典)もあります。

7.生活について

学生寮はありますか?

学校直営の男子寮1棟、女子寮1棟あります、女子寮ではペット飼育可能です。

自宅が都内ですが、学生寮に入ることはできますか?

原則として遠隔地からの学生が優先ですが、空きがある場合には応相談です。

地方から出た場合、1ヶ月の生活費はどれくらいかかりますか?

アパート家賃以外に平均して食費約5万円、水道光熱費約1万円程です。

アルバイトはできますか。出来る場合、週に何日くらい可能ですか?

できます。可能な日数は個人によって違いますので授業に支障のない範囲で可能です。

アルバイトは紹介してくれますか?

企業から依頼がある都度、就職相談コーナーに掲示し、紹介しています。

バイクや自動車での通学は可能ですか?

駐輪場はあります(年間登録料4,000円)。駐車場はありませんので、公共の交通機関を利用してください。

クラブやサークル活動はありますか?

学生達が結成したサークルが10団体あります。(スポーツクラブ・おさかなクラブ等)

8.その他

学校で飼育されている動物の種類を教えていただけますか?

犬、ウサギ、ハムスターがいます。

学校で校有動物の交配・出産は行っているのですか?

校有犬の交配・出産をしています。

校有犬・猫は年を取ったらどうなるのですか?

本校の「永久パートナー制度」により、卒業生・在校生に引き取られ、家庭犬として幸せに暮らしてもらいます。


Page Topへ
学校法人 中央工学校 中央動物専門学校
〒114-0013 東京都北区東田端一丁目8番11号
0120-19-1311
facebook
twitter
© 2002-2017 CHUO Animal College