受験生の方へ|動物共生研究科/動物共生総合科・学科の特長

学校法人 中央工学校 中央動物専門学校

韓国語サイトへ
資料請求
イベント情報
受験生の方へ
イベント情報
12/16sat 体験入学
体験入学

体験入学のご案内

10:00〜15:00(ランチ付き)
志望学科の模擬授業が体験できる1日体験入学

1/20sat 学校説明会
説明会

学校説明会のご案内

13:30〜16:30
当校の特色、各学科の学習内容等が理解できる半日説明会

中央動物ブログ一覧

ホーム > 受験生の方へ > 動物共生研究科/動物共生総合科・学科の特長

動物共生研究科/動物共生総合科・学科の特長

動物と共に暮らすための環境づくりの担い手である「動物共生環境コーディネーター」を育成する日本で唯一の学科

動物共生研究科 3年制

動物共生環境コーディネーターのためのトータルなカリキュラムが特色です。
(動物共生総合科への学内進学ができます。)

動物共生総合科 4年制

4専攻で専門性をより深め、共生社会のスペシャリストを育てます。

ココが違う!中央動物専門学校の愛犬美容科 / 愛犬美容研究科

動物看護師(中級)取得は必須、
トリマー(初級)取得は必須

建築学(福祉住環境コーディネーター)、家庭犬訓練士(ドッグトレーナー)、福祉の知識(ホームヘルパー)、動物介在(アニマルセラピー)

学科独自の学内動物飼育により「仔犬から成犬まで」の飼養・管理を経験

高度専門士(大学院への入学資格付与)、4コース:動物看護(動物看護師)、家庭犬訓練(ドッグトレーナー)、愛犬美容(トリマー)、共生(住環境・福祉・建築)

しつけ、美容、看護、飼育(養)管理、建築、福祉などをトータルに学習。広い視野で動物と人間の共生社会をプロデュースできる人材を育てます。

現在、人間にとって動物はかけがえのない存在になってきています。その陰で、動物が絡む様々な問題も起こっています。例えば、公共施設への出入りをする補助犬(盲導犬・聴導犬・介助犬)や、共同住宅での飼育問題、捨てられる多種多様なペットたちが起こすトラブル、動物虐待などです。
そのような背景から動物と人間が快適でかつ幸せに暮らせる環境づくりが急がれています。正しい動物の知識と、諸問題に臨機応変に対応できる豊富な環境知識を持ち、動物と人間をつなぐ動物共生の環境をコーディネートできる人材の育成が必要になってきています。本校ではそのような人材を育成するために、動物共生研究科と動物共生総合科を開設いたしました。これまで培ってきた動物教育を基礎に、伝統ある中央工学校グループの教育ノウハウを活かし、動物と人間がよりよく暮らせるための「動物共生環境コーディネーター」の育成とライセンス取得を目指します。

●特徴

動物看護科の履修科目をベースに2年間動物全般の知識を学び、しつけ、美容、飼育のすべてをマスターできるような教科構成となっています。特に、動物共生環境コーディネーターに求められる交渉力やプレゼンテーション能力などの、コミュニケーション能力の向上を目指した学習展開です。
また、将来の独立開業も視野に入れたカリキュラムも構成されています。

●就職

従来の動物業界への就職はもちろん、建築業界や福祉業界、各種サービス業界などへの就職も可能です。


Page Topへ
学校法人 中央工学校 中央動物専門学校
〒114-0013 東京都北区東田端一丁目8番11号
0120-19-1311
facebook
twitter
© 2002-2017 CHUO Animal College