ブログ内検索

共生科3年 ~木工パズルをつくろう!!~

みなさん、こんにちは

共生科3年生です~

 

本日は、建築住環境実習のご紹介

建築の授業では、動物と暮らすということを考えた「住環境」について学びます♪

その授業の中で姉妹校である中央工学校(建築・土木・機械など学んでます)から

木造建築科の先生に来ていただいて建築の材料についての講義があります!

家を造る時の材料って大切なんです

人や動物が住む環境ですからね~ 体に優しい素材であって欲しいものですよね♡

 

今回はその集大成として、木造建築科の先生2名と9名の学生(2年生)さんの指導で

「木材に触れよう!!」と題して

木工パズル作りにチャレンジしました~

 

 

 

これが実際に作成したパズルです

 

 

 

 

 

 

13154

 

 

 

 

 

 

 

 

6個のパーツに分かれています

これを組み合わせて↑上の形になるんです。不思議・・・ですね( *´艸`)

 

では、授業風景をご覧ください(大作です!お時間がある時にでも(笑))

動物の学校らしかぬ道具や授業風景です(笑)

20171117_171122_0001

 

 

まずは作り方の説明を先生からしてもらいます

 

 

 

 

 

 

 

20171117_171122_0002

楽しみなのが顔に出てます

3人グループに分かれ

中央工に学生さんが1名

サポートに入ってくれます

まだ・・・

緊張はあるかな~

 

20171117_171122_0006

 

 

まずは、材料となる木材に墨付け(すみつけ)をします

墨付けとは建築用語です

しるしを付けるとか書くという意味で使います

直角に曲がっている定規は「さしがね」と言います

こちらはその形を活かして90度に線を引ける仕組みです

 

 

 

20171117_171122_0008

 

 

 

さしがねがに悪戦苦闘!

見かねた中央工の学生さんがサポートに入ってくれます

 

 

 

 

 

20171117_171122_0010

 

この墨付け・・・

線が曲がっていたりするとその後の加工にも影響がでます

学生も真剣です

 

 

 

 

 

 

 

20171117_171122_0007

 

さしがねには色んな数字が書いてあります

それを使って必要な線をしるしていきます

 

 

 

 

 

 

 

20171117_171122_001320171117_171122_001420171117_171122_001520171117_171122_001620171117_171122_001120171117_171122_0021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しるしを付けたら

のこぎりで木材を切り出します

のこぎりが浮いてしまうと、せっかく書いた線の通りに切れません・・・

学生さんにサポートしてもらいながら

切っていきます

 

 

 

20171117_171122_0020必要な部材を切り出した状態が左側の写真です

 

ここでは、のこぎりの使い方などを教えてもらいながら

作業が進みます

 

中央工の学生さん、みなさん説明が本当に上手で素晴らしい

 

 

 

 

 

13154このような6個の部材に

切り分けます

 

 

 

 

 

 

 

20171117_171122_0031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3時間かけて作品が完成です!!!

皆・・・いい顔してますね~

達成感でしょうか??

 

共生科では動物の知識以外の学習もいろいろしています

それは、動物と人間の間に立つコーディネーターを目指しているからです

コーディネーターって偏った知識ではできないんですよね~

広い視野と客観性が大切なんです

だからこそ授業では、様々なことにチャレンジしてもらってます!!

 

今回の授業も自分の糧になってくれたと思ってます♪

せっかくの出会いを大切にしてくださいね~

 

 

 

 

 

 

共生科BLOG記事一覧
  • イベント情報
  • 中央動物専門学校 公式LINE@