「美容・健康」 の記事一覧

Read More

美容・健康 2020-07-22

夏の暑さにご注意! 知っておきたいペットの熱中症対策

近年は、昔に比べて夏の暑い日には気温が30度を大きく超えることも多く、テレビなどでは熱中症への注意が呼びかけられています。熱中症は人間だけでなく、時にはペットの命を危険にさらしてしまうこともありますので十分に注意が必要です。

そこで、今回はそんな熱中症から大切なペットを守るための対策についてご紹介します。

ペットの熱中症、その原因や症状は?

日中の散歩や留守番中の室内など、夏はほかの季節と比べて特にペットを取り巻く環境に気をつかう必要があります。
犬や猫は人間と違って体の構造上、大量に汗をかいても体温を下げることができません。そのため、人間が「少し暑いかな?」と思うぐらいの気温や湿度でも、呼吸による体温調節が間に合わず熱中症になってしまうことがあるのです。

こうした犬や猫の熱中症の症状は、いずれも「呼吸が浅く・速くなる」、「ぐったりしている」などから始まります。
その後、「よだれが多くなる」、「呼吸が激しくなる」、「目や口の中の充血」などをはじめ、さらには意識障害や痙攣、嘔吐などの症状が現れ、やがて呼吸不全や臓器損傷に繋がり、処置が間に合わなかった場合は命の危険にさらされることもあります。

しかし、熱中症になったからといってこれらの症状が全て出るわけではありませんので、症状の現れ方には個体差があることを覚えておきましょう。
また、ウサギやハムスターのようなエキゾチックアニマルの場合は犬や猫より体が小さい分、気温や湿度の影響を受けやすく、症状が進むのも早いため日頃の観察や予防がより重要になります。

熱中症は日頃から対策しておくことが大切!

夏の熱中症は決して油断できませんが、予防ができる病気です。日頃からペットが過ごしやすい環境を整えて、熱中症対策に努めましょう。

夏は普段の散歩を工夫する

炎天下の散歩は熱中症のリスクはもちろん、熱いアスファルトで肉球を火傷する恐れもあります。そのため早朝や夜など、なるべく涼しい時間帯の散歩に切り替えましょう。
また日中に出かける際は、水に濡らした犬用シャツを着せたり、こまめな水分補給を忘れないように気をつけてください。

ペットのお家は風通しの良い、直射日光の当たらないスペースへ

ペットの小屋やケージは中に熱がこもらないよう、風通しの良い場所を確保してあげましょう。小屋を屋外に置いている場合は日陰に移動し、ケージを屋内に置いている場合は高温になりやすい窓際を避けてくださいね。

冷房や除湿をつける

特にエキゾチックアニマルのような環境の変化に弱いペットを自宅で飼っている場合は、エアコンで上手に室温・湿度を調整してあげましょう。室温が低くても湿度が高いと熱中症になりやすいので、気をつけてください。

そのほかにも、保冷グッズを活用したり、いつでも水分補給ができるよう予備の飲み水を用意したりと細かな心配りが熱中症予防に繋がります。

ペットの様子が変! 万が一の時はどうすればいい?

万が一ペットの様子が普段と違い、熱中症の疑いがある場合はまず体を冷やしましょう。すぐに涼しい場所に移動させて、エアコンをつけて室内を冷やしてください。その後、濡れタオルで全身を拭き、首や脇、後ろ足の付け根を重点的に冷やします。
このとき水を飲ませることも効果的ですが、ぐったりして呼びかけに反応しない場合は誤飲を避けるため、無理に飲ませない方が良いでしょう。

また、ペットに意識がないときはもちろんですが、意識がある場合や応急処置後に熱中症から回復したと思われる場合も、念のため動物病院で診察を受けるようにしてください。見た目の症状が落ち着いていても、体内の臓器にダメージを負っている可能性があるので油断は禁物です。

まとめ

大切なペットを暑さから守るための熱中症対策についてご紹介しました。
ペットは私たちが思っている以上に暑さに弱く、体の異常を人間に直接伝えることができません。そのため飼い主はペットの些細な変化も見逃さないよう、日頃からよく観察しておく必要があります。
ペットの命を守り、一緒に楽しい夏を過ごすためにも熱中症対策についてよく考えてみてくださいね。

Read More

美容・健康 2020-03-27

犬の美容ケアで気をつけるべきポイント

犬の美容といえば、「トリミング」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。
トイプードルやポメラニアンなど被毛のカットが難しい犬種は、ペットサロンでプロにトリミングしてもらうのがオススメですが、一方でブラッシングや爪切りなどについては自宅で行なっているという方もいらっしゃいます。

そこで今回は、ご家庭で行なう犬の美容ケアについて特に注意したいポイントをご紹介いたします。

強くブラッシングしないように注意する

ご家庭で一番取り組みやすいのはブラッシングです。ブラッシングは犬の被毛についた汚れやふけを落として体を清潔に保ったり、ノミやダニなどの早期発見にもつながります。
また、ブラッシングはこまめに行なうことで何らかの皮膚の異常に気付くことができるのもメリットの1つです。

犬は普段自分で手足を舐めてブラッシングを行ないますが、猫とは違って体はそこまで柔らかくないのでどうしてもお腹や背中、お尻まわりは人がブラッシングをする必要があります。
しかし、犬の皮膚はとても薄いので、あまり強くブラッシングをしてしまうとスリッカーで傷をつけてしまう恐れがありますので、優しく丁寧に行ないましょう。

なお、ブラッシングに使うブラシは、犬の毛質によって適した種類がありますので、最適なものを選んで少しでも快適に過ごしてもらえるよう心がけましょう。

室内犬は足裏の毛をこまめにチェックしておく

室内犬は家の中での移動がほとんどですので、足裏の被毛が伸びているとマットを敷いていないフローリングなどでは滑って怪我をしてしまう危険があります。

そのため、犬が歩きづらそうにしていたら、すぐに足裏の被毛をカットしてあげてください。被毛の伸びるスピードにもよりますが、目安としては滑り止めにもなっている足の肉球に毛がかかるようになったら整えるようにしましょう。

また、おもわぬ事故を避けるためだけでなく、足裏の毛が伸びていると皮膚病の原因となることがありますので、日頃からしっかりチェックしておくのが大切です。

爪切りは出血しないように慎重に行なう

犬の美容ケアに爪切りは特に重要で、犬の爪は人の巻き爪と同様に、伸びていくと下に向かってカーブしていきます。
そのため、最終的には皮膚に刺さってしまって、爪切りが困難になってしまうこともあります。

爪の色が黒や茶色の子だと判断しづらいですが、中の血管が透けて見える子だと伸びてきたことが分かりやすいので、誤って血管を切ってしまわないように慎重に爪切りを行ないましょう。
一方で、血管が見えづらい爪色の子は、血管を切ってしまわないように少しずつ爪を切っていきますが、万が一出血してしまった場合は止血剤が販売されているので、そちらを使用して止血します。

爪切りは、犬がトラウマとなって怖がらないように丁寧に行なうのはもちろんですが、終わったあともご褒美におやつをあげるなどして安心させてあげるのがポイントです。
また、爪切りで犬を傷つけてしまわないか不安だという方は、無理をせずにプロに切ってもらうようにしましょう。

まとめ

ご家庭で行なう犬の美容ケアについて特に注意したいポイントをご紹介しました。
ブラッシングや爪切りなどはご家庭でも取り組みやすい反面、誤って犬を傷つけてしまわないように慎重に行なう必要がありますが、犬とのコミュニケーションにもなりますし、肉球に傷が無いか、ケガをしていないかなどをチェックできるメリットもあります。

なかには爪切りやブラッシングを嫌がる子もいますが、衛生・健康面で必要なケアですので根気強く定期的に行なって、終わったあとにはご褒美をあげるなどして犬がストレスなく慣れていけるよう心がけましょう。

Read More

美容・健康 2019-04-21

なぜ猫はニオイがしない? シャンプーの必要性について

猫はあまりニオイのしない動物です。そのため、定期的にシャンプーを行なうべきか悩んでしまう飼い主さんは多いと思います。

人間は毎日のようにお風呂に入らないと、皮膚や頭皮に汚れや脂がたまってニオイを発しますが、猫は体の汚れをどのように落としているのかご存知でしょうか?

今回は、猫のシャンプーの必要性についてご紹介いたします。

猫はもともとニオイが出にくい動物

はじめに、なぜ猫はニオイがほとんどしないのか解説いたします。
猫は自然界ではほかの獲物を狩って生きているため、ギリギリまで獲物に気付かれずに近づけるよう、もともとニオイが出にくい体質になっています。

さらに、自分でもニオイを出さないように日頃からグルーミング(毛づくろい)を行う習性もあります。
猫の舌には一面にザラザラとした突起物があり、この突起物がグルーミング(毛づくろい)のときに毛のほつれを直したり、ニオイの原因となる汚れを取る役目を果たしています。

このように、猫はもともとの身体的特徴と清潔に保つための習性が備わっていることで、体を洗わなくてもほとんどニオイがしない大きな要因となっています。

猫は水より「砂浴び」と「日光浴」が好き

猫の祖先は砂漠地帯に生息していたとされており、その名残からか水に濡れることをとても嫌う動物です。
しかし、背中を地面に擦り付けてゴロゴロする「砂浴び」は喜んで行ないます。

背中を地面に擦り付けることで体についた害虫を取り除いているといわれていますが、室内飼いの猫でも床やカーペットに体を擦り付けてゴロゴロする姿をよく見かけると思います。
これは砂浴びの代わりにしている行動で、自然界で生きてきた祖先の習性が今も受け継がれているのです。

また、猫が日光浴をしているところもよく見かけますが、日光を浴びることでニオイの原因となる雑菌の繁殖を防いでいます。
砂浴びや日光浴をする習性が、猫にとって害虫や雑菌を防ぐシャワー代わりになっているのかもしれませんね。

猫にシャンプーは必要ない?

猫は水に濡れるのを嫌うためお風呂に入れると大暴れすることがあり、シャンプーして洗うのを断念してしまったという方は多いと思います。

今回紹介したような、猫の体質や習性を考えるとシャンプーを無理に行なう必要はありません。シャンプーを定期的に行なう場合は年に1~2回くらいの周期で行なうのがよいでしょう。
シャンプーのし過ぎは皮脂が不足して毛のツヤがなくなったり、皮膚病の原因になるなど、かえってマイナス効果となってしまうことが多いため注意しましょう。

頻繁にシャンプーしないと汚れやニオイがどうしても気になるという方は、温めた蒸しタオルなどで猫の体を拭いてあげるだけでも効果があります。

シャンプーのメリットは?

とはいえ、猫のシャンプーにメリットが全くない訳ではありません。

例えば、シャンプーをすることで猫アレルギーを引き起こすアレルゲン物質を一時的とはいえ大幅に減らせることがわかっています。
猫アレルギーを持っている方の来客がある場合等は、事前にシャンプーしておくことでアレルギー対策が可能です。

また、猫はグルーミングで飲み込んだ毛を毛玉として吐き出すことがあります。
毛玉の嘔吐は多少なりとも体への負担になるため、シャンプーで抜けた毛を洗い流すことで、毛玉の嘔吐の回数を抑えられる効果があります。
猫が毛玉を嘔吐する回数が多い場合は、シャンプーを検討してみてもいいでしょう。

まとめ

猫にシャンプーを行う必要性は、あまりないことがおわかりいただけたかと思います。
猫が外から帰ってきて泥でひどく汚れていたときや、病気などで定期的なシャンプーが必要な場合などは除いて、頻繁にシャンプーすることはかえって猫に負担をかけてしまう場合があるため控えましょう。

また、長毛種など猫の種類によっては定期的にシャンプーが必要な場合もありますが、猫の体に負担をかけないためにもできるだけ蒸しタオルやブラッシングなどで済ませてあげるとよいでしょう。

シャンプーは絶対にしてはいけない! というものではないので、猫への負担を考慮しながら状況に応じて上手にシャンプーを活用してみてください。

Posts