「知る・学ぶ」 の記事一覧

Read More

知る・学ぶ 2024-01-17

ペットも一緒に旅行したい! 移動・宿泊で気をつけることや準備について

家族の一員であるペットと一緒に旅行や帰省をしたいと考える飼い主さんは少なくないでしょう。
とはいえ普段と違う環境で過ごしたり、長い移動時間になったりなど、「ペットが負担を感じるのでは?」という心配もあります。

そこで今回は、ペットと旅行するときに気をつけたいことや事前準備などについてご紹介します。

事前調査はしっかりと! 緊急時の対応も視野に入れて

人間だけの旅行なら必要なくても、ペットを連れて行くのならぜひ知っておきたい情報があります。ペットと楽しい旅行をするために、しっかりと事前調査を行いましょう。

行き先で緊急時に対応できる動物病院があるかどうか

普段は健康なペットでも、旅行中や旅行先での環境変化で体調を崩してしまったり、思わぬ急病になったりする可能性があります。人間なら救急病院へ駆け込めばよいのですが、ペットだとそうはいきません。
行き先でペットが不調になったときや予想外の怪我をしてしまったときなどに備え、滞在先や観光先の近くにある動物病院を調べておきましょう。その際には連れて行くペットの種類に対応できるかどうかも必須の確認事項です。
また、長期休暇中は動物病院も閉まっていることがあります。そのような場合にはどうするべきか、考えておくと安心です。かかりつけの動物病院で、旅行先での緊急対応について相談するのもよいでしょう。

宿泊先に普段の食器やフードを持ち込めるか

地元の食材でペット専用のメニューを提供しているようなホテルを使うのなら、ぜひ一緒に楽しみたいと思う飼い主さんも多いでしょう。
そのようなホテルでは、ペット用に素敵な食器やフードを用意してくれているのですが、もしかするとペットは環境の変化に緊張してせっかくの食事が食べられないかもしれません。
かといって、まったく食べないと心配になります。いつも使っている食器でいつものフードなら食べるかもしれないため、いざというときに備えて準備しておくと安心です。
ただ、持ち込む際には念のためホテルへの確認が必要です。「持ち込みOK」「持ち込みOKだけどお部屋のみで」など、ホテルごとに条件が違う可能性があります。予約の時点で事情を説明し、許可を取っておきましょう。

ホテルはペットOKか、自分のペットは対応しているか

ホテルのすべてがペットの宿泊に対応しているわけではありません。旅行情報サイトやホテルの公式サイトなどで、ペットの対応について確認してから予約手続きをしましょう。
ペットOKでもペットの種類やサイズによっては対応できないホテルがあります。たとえば「小型犬なら○頭までOK」「大型犬はNG」「エキゾチックアニマルはNG」などの条件があれば、自分のペットが該当するかどうかを考えなくてはいけません。
また、ホテルによってはワクチン接種証明書の提示が求められることもあります。宿泊先に求められたらすぐに提示できるよう、必ず用意しておきましょう。

どうしても連れて行けないときには?

特定の動物やエキゾチックアニマルは、旅行先で受け入れOKの宿泊施設が見つからない可能性があります。そのような場合にはどうするかを考えておくことも大切です。
ペットホテル、ペットシッターなどを事前に探し、希望の日程を予約できるかどうかを確認しましょう。

移動距離や移動手段にも注意して

人間でも長距離移動は負担を感じるものです。それは動物も変わりません。移動距離や移動手段についても気を配りましょう。

ペットが負担を覚えるほど長距離にならないか

自由に動き回れない乗り物を使った長距離移動は、ペットにとって大きな負担を与えたり、不安感をまねいたりします。体調不良やメンタル不安定につながりかねないため、可能な限り配慮してあげましょう。
移動距離はできれば2時間以内がおすすめです。どうしても長時間になる場合は小まめな休憩を取りましょう。
例えば自動車で犬を連れての移動なら、犬の散歩ができるサービスエリアを利用したり、ドッグランつきのサービスエリアへ意識的に寄ってあげたりしてはいかがでしょうか。マイカーなら自由にスケジュール組めるため、飼い主の気分転換や休憩がてらにおすすめです。
またレンタカーを利用する場合、ペットの同乗は別料金になることがあります。レンタカーショップで確認しておきましょう。

公共の乗り物を使うなら注意や配慮が必要

公共交通機関の多くは、運営会社側が定めたルールを守ればペット同乗がOKになっています。OKとはいってもルールやマナーがありますので、同乗する際には意識した行動を心がけることが肝心です。

例えば、JR東日本ではペットの同乗について以下の規則を定めています。

”小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)で、
・タテ・ヨコ・高さの合計が120センチ以内の動物専用のケースにいれたもの
・ケースと動物を合わせた重さが10キロ以内のもの”
※引用:JR東日本

同様に、東京メトロの規則は以下の通りです。

”子犬、猫、鳩その他これらに類する小動物(猛獣及びヘビの類を除く)は、
縦・横・高さの合計が120センチメートル以内の専用の容器に収納し、
その総重量が10キログラム以内のもので、他の旅客に危害を及ぼし、
又は迷惑をかけるおそれがないと認められるものに限り持ち込むことができます。”
※引用:東京メトロ

自分のペットが該当するかどうか、調べた上で同乗しましょう。判断が難しければ各交通機関の窓口への相談をおすすめします。

なお、夜間の高速バスは基本的にNGです(例外あり)。路線バスは「キャリーケースに入れればOK」「サイズ規定を守ればOK」などのルールを定めていることがありますので、各バス会社の公式サイトなどで確認してください。

持ち物の準備は入念に!

持ち物の準備はしっかりしておきましょう。状況によって必要なものが変わるため、優先順位を考えながら準備してください。

必ず持って行くべきもの

「これだけあれば何とかなる!」と思えるものは積極的に準備しましょう。

・首輪、ハーネス、リード
・いつものご飯、おやつ、食器、水皿
・トイレシート、トイレトレー、汚物・ゴミ入れ
・ブラシ、コーム(宿泊先での抜け毛マナーに)
・クレート、ケージ、ペット用ベッド
・使い慣れたブランケット、マット
・(あれば)服用薬
・ワクチン接種証明書、狂犬病予防注射済票

備えとして持って行きたいもの

旅行中、万一のことがあるかもしれません。備えるためにできるだけ準備しましょう。

・迷子札
・救急用品
・健康記録(よく処方される薬の名前など)
・マナーパンツ、マナーベルト
・服、雨具
・消臭剤

あると便利なもの

なくても問題ないかもしれませんが、あればあったで役立つものです。

・お気に入りのおもちゃ
・目薬や整腸剤など
・アンカー

ほかにも「うちの子にはあったほうがいいな」と思えるものがあればプラスしておきましょう。

ペットとの旅行は事前準備が大切!

ペットとの旅行は準備が大変ですが、だからこそ旅行中の楽しさが増すのではないでしょうか。ペットと一緒に楽しい旅行をするために、ぜひ入念な準備をしてください。「ペットと一緒に行けてよかった!」と思えるような旅行になると素敵ですね。

Read More

知る・学ぶ 2023-12-22

鳥類は恐竜から現代の姿になった? 進化の関連性と生態について

近年、羽毛恐竜の化石が発見されたことによって、鳥類が恐竜の時代から現代に至るまで、進化をしながら姿を変えて生き延びてきたことが研究でわかってきました。
これは生物が環境に適応し、生き残り、繁栄するためにどのように変化していったのかという貴重な事例となっています。

今回は、鳥類がどのように恐竜から進化していったのか、また、現存する恐竜に近い鳥などについて解説していきます。

鳥類進化の歴史

まず、鳥類の起源は約1億5000万年前のジュラ紀後期にまで遡り、恐竜の一群から進化したとされています。
直接の祖先は「獣脚類」と呼ばれる小型で二足歩行の肉食恐竜で、鋭い爪と歯、優れた運動能力を持っており、その中の一部の種が羽毛を持つようになったようです。

最も有名な中間種が始祖鳥(学名:アーケオプテリクス)で、鳥類と恐竜の特徴を併せ持つ化石として発見されており、鳥類と恐竜の中間的存在として位置付けられています。
始祖鳥は発達した羽毛を持ち、現代の鳥類の羽毛と非常によく似ています。(しかし、鳥類のように飛行に適応していなかった可能性も一部で指摘されています。)
その一方で、恐竜独特の特徴である長い尾骨と、鳥類には無い歯を持っています。
ただ始祖鳥の化石はまだまだ不明な点もあり、科学者たちによって今もなお詳細に研究されています。
また、始祖鳥以外にも同時期に中間種が存在していた可能性があるとの説も最近になって浮上してきています。

進化のメカニズム

鳥類の進化を理解する上では、羽毛、骨格、飛行能力の進化は非常に重要なポイントです。
これらの特徴は、鳥類が現代の多様な環境に適応し、独自の生態となったものです。

羽毛の進化

羽毛は鳥類の進化において最も顕著な特徴の一つです。
初期の羽毛恐竜では飛行とは直接関係がなく、体温調節のために使用されていた可能性が高いとされています。
その後、時間が経つにつれて羽毛はより複雑な構造を持ち、飛行に適した形に進化していったようです。
現代の鳥類では、飛行、保温、水の防御、さらには異性を惹きつけるためにも使われています。

骨格の進化

鳥類の骨格も、飛行能力に関連して独自の進化を遂げました。
軽量で空気を入れられる骨を持ち、飛行の効率を高める構造に進化しています。
また、尾骨が短縮し、飛行中の機動性を高めるために適応しています。
これらの変化は、鳥類が空中での優れた機動性と持続力を獲得するためのものだと考えられています。

飛行能力の向上

鳥類の飛行能力の向上は、上述した羽毛や骨格の進化によるものです。
初期の鳥類は、木から木へと滑空することから飛行を始めた可能性が高く、徐々に羽毛と骨格の進化が組み合わさり、より効率的な飛行が可能になったようです。
鳥類の飛行能力は食物を探し、捕食者から逃れ、新しい生息地に移動する能力に大きく貢献しています。

現代の多様な鳥類

現代の鳥類は進化の歴史を通じて9,000種以上に分かれ、多様な形態、サイズ、習性を待ち、独自の特徴と適応力を持っています。
ここでは、いくつかの特徴的な鳥類を見ていきましょう。

ハチドリ

鮮やかな色彩と驚異的な飛行能力を持つハチドリのサイズは、鳥類の中で最も小さく、全長で平均10センチメートル前後です。
羽ばたきは非常に速く、空中で静止する能力も持っており、花から花へと素早く移動し、長い舌を使って花蜜を吸います。

ペンギン

水中生活に特化した鳥類であるペンギンは主に南半球の寒冷地域に生息しています。
鳥類であるものの飛行能力は無く、羽毛は短くて脂肪と共に低温に耐えられる役割を果たしています。

フクロウ

夜行性で、独特な首の構造を持つフクロウは、ほとんど音を立てずに飛行できることが特徴です。
体長に対して顔の比率が大きく、首は左右に270度まで回転します。
聴覚と視覚が非常に優れており、その感覚を利用して獲物を捕らえます。

オウム

高い知能を持つオウムには模倣能力があり、人間の言葉を真似ることができ、中にはカラスと並んで人間の幼児ほどの知能を持つ個体も存在します。
強力なくちばしを使って、硬いナッツや果物を食べられます。

フラミンゴ

長い脚と特徴的なピンク色の羽毛を持つフラミンゴは、捕食する甲殻類や藻類に含まれる色素によって、本来白いはずの羽毛がピンク色に変色しています。
湿地や浅瀬に群れで生活し、片足で立っている姿をよく見かけますが、これは身体が冷えないための対策をしているのです。

恐竜に近い現存の鳥たち

恐竜に近い現存の鳥たち
鳥類の進化の過程で飛行能力が身につかず、地上生活に特化している種もいくつか存在します。

エミュー

オーストラリアに分布している大型の鳥であるエミューは、ダチョウに次いで世界で二番目に大きい種です。
全長は平均して約1.5~1.8メートルに達し、体重は約30~45キログラムになり、長い首と脚、そして短い翼を持ちます。
エミューは飛べない代わりに、強力な脚を使って高速で長距離を走ることができます。
大きな体格、地上での生活スタイル、そして飛べないという点は、恐竜を思わせる特徴です。

ヒクイドリ

ヒクイドリもまた恐竜に近い特徴を持つ鳥類の一種として知られています。
主にインドネシアを中心とした低地の熱帯雨林に生息しており、多くの生物学者たちの研究対象となっています。
ヒクイドリはエミューに次いで世界で三番目の大きさの鳥で、比較的長い尾と短い翼を持っており、喉元の赤色がシンボルマークです。
歩行方法が恐竜に似ているとされており、エミューと同じく素早く走ることができ、地上での生活に適応しています。
また、「世界で最も危険な鳥」としてギネスブックに掲載されています。

キーウィ

キーウィはニュージーランド固有の鳥類で、こちらも飛行能力がなく力強い脚を使って移動します。
エミューやヒクイドリとは異なり、首が短く、全長も約20~40センチメートルという小さなサイズが特徴で、茶色や灰色の毛皮のような羽毛に覆われています。
鳥類にはほとんど嗅覚がありませんが、キーウィは優れた嗅覚器官を持っており、これを利用して地面に埋もれている昆虫など探知して捕食します。
また、非常に大きな卵を産むことでも知られており、体重比で見ると鳥類の中で最も大きな比率になります。

これらの種は恐竜に近い特徴を持つことから、恐竜が生活していた時代の生物の生態や行動についての研究の手がかりになっています。

適応放散と生態系での役割

適応放散とは、主に様々な生態系で多様な形態を発展させることを意味します。
この過程を通じて、鳥類は地球上のほぼ全ての環境に適応し、多様な食性、繁殖戦略、そして行動を展開しています。
また、種子の散布者、自然の清掃係、昆虫や小動物の捕食者として機能し、生態系のバランスと健全性、多様性を保つために不可欠で、他の動物との共進化を促進しています。

このような多様性と適応の範囲、役割から、鳥類は生命の進化に成功した動物群の代表的な例と言えるでしょう。
しかし、その鳥類の中には生息地の破壊、気候変動、狩猟、汚染などの原因で絶滅の危機に直面している種もいるため、環境を整え、保護活動をすることも急務となっています。

新たな視点から鳥の観察をしてみよう!

私たちが普段目にする鳥たちの姿は数億年の時間をかけて形作られたもので、生物が多様な形態と機能を発展させ、環境に適応してきたことの証となっています。
このような背景を知った上で、動物図鑑で興味のある鳥について調べてみたり、直接動物園に行って観察したりすることで、新たな発見や楽しみ方ができるかも知れませんね!

Read More

知る・学ぶ 2023-12-19

カメを飼う前の事前知識! 飼育の基本や快適な環境作り

カメは多くの動物園や水族館で飼育されており、種類によってはお祭りの屋台などでも見かけることもあるくらい、身近で馴染み深い動物の一種です。
カメには家庭で飼える種が複数存在しますが、飼育するにあたっては種に応じた飼育方法とケアが必要です。

今回はカメの基本的な知識や種類、飼育方法についてご紹介します。

カメの基本情報

カメは爬虫類の一種で世界中に多様な種が存在しています。
種によって独自の特徴があり、生態や習性、飼育環境や食生活が異なります。

一般的な特徴

カメは硬い甲羅を持っていますが、これは主に捕食者から身を守る重要な防御機能の役割を果たしています。
この甲羅は骨格の一部で、肋骨が発達して形成されています。
また、冷血動物であり、外部環境の温度によって体温が変化するため、飼育下では温度管理が非常に重要です。

種類

カメは大きく分けて、「水棲」「陸棲」「半水棲」に分類されます。
水棲のカメは水中での生活に適応しており、水槽や池で飼育します。泳ぎが得意で、水中でしか食事を摂らない種が多いです。
陸棲のカメは陸上での生活がメインで乾燥した環境を好み、水分は基本的に食物から摂取します。
半水棲のカメは水地と陸地の両方で生活し、家庭飼育用のカメのほとんどがこれに属します。
種によって草食、肉食、または雑食と幅広い食性を持つことが特徴です。

寿命

カメの寿命は種によって異なるものの、20年以上であることが多く、長寿の動物に分類されます。
適切なケアと環境を与えれば、100年以上生きる種がいることが報告されています。

家庭で飼育しやすいカメ

カメの飼育は特に初心者の場合、飼育しやすい種を選ぶことをおすすめします。

ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)

最も身近に飼育される「ミドリガメ」と呼ばれているカメは、正式名称を「ミシシッピアカミミガメ」と言い、特徴的な赤い斑点が耳の後ろにあることが名前の由来です。
ミドリガメという愛称は、幼い時期の甲羅が緑色であることが由来となっています。
成熟すると約25cmの大きさになり、寿命は30年ほどです。
水中での生活を好みますが、定期的に陸地での日光浴も必要なため、水槽には日光浴用の陸地エリアを設けましょう。
雑食性で、市販のカメ用フード、果実、野菜、小さな魚や昆虫を食べます。

クサガメ

幼少の時期に「ゼニガメ」の愛称で親しまれている「クサガメ」は、流れが遅い水域を好んで生活しています。
平均寿命は20年ほどで、成長すると30cm以上の大きさに達することもあります。
飼育環境は大きな水槽に加えて、流れを作るためのフィルターシステムが必要です。
食性はミシシッピアカミミガメと同様に雑食性です。

ニホンイシガメ

日本固有のカメである「ニホンイシガメ」は頑丈さと適応性の高さで知られており、平均寿命は20年、最大で約20cmの大きさと、やや小型の種になります。
静かな水域を好み、水中と陸上の両方で活動します。こちらも雑食性の食性を持ちます。

ヘルマンリクガメ

陸棲カメである「ヘルマンリクガメ」は、ドーム型をした甲羅の愛らしさで人気があります。
平均寿命は30年、大きさは成熟すると約20cmから30cmほどになります。
野生では温暖な気候を好み、草地や低木の多い地域に生息しており、飼育下では温度と湿度の管理が大切なポイントで、特に冬季の寒冷時には保温設備が必要です。
雑食性の上記3種と異なり草食性で、野菜、草、花などを食べます。

スッポン

栄養ドリンクなどのエキスで馴染み深いカメの仲間「スッポン」も飼育しやすい種の一つです。
ただ、一度噛みついたら離さないという習性を持っているため注意が必要です。
平均寿命は25年、大きさは成熟すると30cmを超えることもあります。
水中での活動が多く、砂や泥の底で生活することを好むため、水深のある広い水槽の底に砂や泥が必要です。
肉食性で、魚や昆虫、市販の肉食性カメ用フードを食べます。

これらのカメは比較的飼育しやすいとされていますが、飼育する前に特性をよく理解し、適切な環境を整えましょう。

カメの飼育に必要な環境

カメの飼育において最も重要な点は、自然に近しい生活環境を作ることです。
種によって整える環境は異なりますが、主に水槽やテラリウム(陸上の生物を飼育するケース)の選定、温度・湿度の管理、照明の設定が必要です。
特に水質の管理は重要で、定期的な水の交換とフィルターの使用をおすすめします。

水槽やテラリウムの選定

水棲カメと陸棲カメでは必要とされる水槽やテラリウムが異なります。
水棲カメのための水槽は自由に泳げる十分な大きさが必要です。水量はカメの大きさに比例して広いものを用意し、フィルターを設置して水質を保ち、定期的な水の交換をしましょう。
陸棲カメ用のテラリウムは、乾燥した地域を好むカメのために砂や土を敷き詰め、隠れ家や日光浴用の岩を設置します。この際、十分な陸地部分に加えて小さな水域も作成して下さい。

温度と湿度の管理

カメは体温を維持するために環境温度が非常に重要です。
水棲カメの場合、一般的には25~28℃の水温が適切で、水槽ヒーターを使用して一定の温度を保ちます。
陸棲カメの場合、温度はおよそ30~33℃の範囲、湿度は種によって幅が大きく、ヒーターや加湿器を使用して管理します。

照明の設定

カメは日光浴を行うことで甲羅を形成するビタミンDを吸収するため、室内では適切な照明を用意しましょう。
この場合、自然の日光に含まれる紫外線を模倣したUVB照明を使用します。

熱源

水槽やテラリウムを温めるために、熱ランプやヒートマットを使用しましょう。
そうすることで、カメは体温を調整するための熱帯部分と冷帯部分を自由に行き来できます。

これらの環境設定を適切に行うことで、カメは健康的に生活できます。

カメの食事について

カメの健康を保つためには、適切な食事と栄養は不可欠です。飼育するカメに応じた食事を与えましょう。

まず、食事の頻度は年齢によって変わり、成長期のカメは毎日、または一日おきに食事を必要とし、成熟したカメは数日に一度の食事で十分であることが多いです。
過剰な給餌は肥満を引き起こす可能性があるため、適量を与えるようにして下さい。

栄養素については、カメの骨格と甲羅の健康を維持するためにはカルシウムが不可欠で、不足すると甲羅の弱化や骨の問題を引き起こす可能性があります。
タンパク質も成長期のカメにとって重要な栄養素で、特に肉食性または雑食性のカメには必要です。

バランスの取れた食事と栄養を提供することが健康的な成長と長寿に繋がります。

カメの健康・ストレス管理について

カメは比較的病気にかかりにくいペットですが、不適切な飼育環境や栄養不足が原因で病気になるケースや、健康に問題が生じることがあります。

まずは上述してきたような温度、湿度、照明など、カメに適した環境を維持することが重要です。
特に水質の悪化は水棲カメにとって重大な健康リスクを招きます。
甲羅はカメの健康状態を反映し、割れや変形、異常な柔らかさなどがみられた場合、カルシウム不足や病気の可能性があります。
目やにや鼻水など、目や鼻の周りに異常が見られる場合はビタミンAの不足が疑われます。
食欲不振や活動量の低下も健康問題の兆候である可能性があります。異常がみられた場合は獣医師に相談しましょう。

またカメは静かな環境を好み、騒がしい環境はストレスになる可能性があるため、穏やかで安定した環境を提供して下さい。
ストレスや恐怖を感じると甲羅の中に頭や四肢を引っ込めて隠れてしまいます。
そのため、カメに触れる際は急な動きを避け、ゆっくりと静かに接近し、隠れた場合は甲羅から出てくるまでそっとしておきましょう。

カメと長く一緒に生活できるように飼育しよう

カメと長く一緒に生活できるように飼育しよう
カメの飼育は正しい知識を持ち、しっかりとケアができれば、楽しく充実したものとなるでしょう。
長寿である特性を活かせるように環境を整えて、ぜひ長く一緒に過ごして下さい!

Read More

知る・学ぶ 2023-12-14

賞味期限に気をつけて! 開封後のペットフードは保管方法にコツがある?

愛犬や愛猫が食事をする姿はとても愛らしいもの。ペットフードの用意をする音でそわそわする様子もたまらない可愛さです。おいしくたくさん食べてね、と思う飼い主も多いでしょう。
ただ、ペットフードの状態によってはペットの健康に悪影響が出てしまう可能性があります。そこで今回は環境や保管方法について、飼い主が注意するべきことをご紹介します。

賞味期限と消費期限を確認!

大容量のペットフードを購入した場合、食べきるまで長期間かかることがあります。その場合、賞味期限と消費期限を確認することが重要です。

おいしく食べるなら賞味期限に注目

人間の食品も同様なのですが、ペットフードにも賞味期限と消費期限が設定されているため、包装を見て確認してみましょう。
おいしく食べさせてあげたいのであれば、消費期限よりも賞味期限に注目して下さい。賞味期限は「おいしく食べられる期間の目安」として設定されています。
賞味期限が切れると、味や風味が劣化してしまいます。ペットが「いつもと違う」「なんだかおいしくないな…」と感じ、食欲が落ちてしまう原因になってしまいかねません。
最近あまり食欲がないみたい…と思ったら、一度賞味期限を確認してみることをおすすめします。

ペットにあげるのは消費期限内に!

消費期限は賞味期限よりも重要です。賞味期限がおいしさの目安であることに対し、消費期限は「この期限までに消費して下さい」というメーカーの指定であるためです。
期限を過ぎると、味や風味が落ちるだけではなく、場合によっては傷んでしまうことも。傷んだものを与えてしまうとペットが体調を崩してしまう恐れがあります。
今まであまり気にしていなかった飼い主さんも、消費期限は必ずチェックするようにして下さい。

賞味期限・消費期限内でも気をつけたいポイント

消費期限内に食べきること、または食べきれない場合には新しいものを用意することが大前提ですが、賞味期限内でもペットフードの状態によっては食べさせない方が良いケースがあります。
もし期限内でも気になるペットフードが手元にあるのなら、次のことをチェックしてみましょう。

ペットはおいしそうに食べている?

病気になったわけでもない、怪我をしているわけでもない、それなのにあまりおいしそうに食べない…。ペットのそんな様子に気づいたら、賞味期限内でもペットフードの状態を確認するべきタイミングです。
保管していた環境によっては、賞味期限内でも品質が劣化している場合があります。
「フードを密閉していなかった(空気に触れていた)」「極端な温度変化があった(とくに季節の変わり目は注意!)」などの心当たりがあれば、新しいものを用意してあげた方が良いかもしれません。

ペットフードにカビや傷みはない?

開封後の保管状態が悪ければ、ペットフードにカビをはじめとした傷みが発生する可能性が高まります。
例えば、お風呂の近くのように高温多湿になる場所で保管していたということはありませんか。ペットフードは人間の食べ物と同様、高温多湿の場所では傷みやすく、カビが発生することがあります。
カビの生えたものをペットに与えてしまうと、体調を崩してしまいかねません。人間でもカビの生えたご飯など食べたくありませんよね。
冷蔵庫や冷凍庫で保管するほど神経質にならなくても大丈夫ですが、「人間の食べ物を常温で置いておける場所」で保管すると安心です。

色やニオイが最初の頃と違うような気がする

ペットフードをチェックしたときに「色やニオイが開封したての頃と違う」と感じたのなら、酸化を起こしている可能性が高い状態です。そのフードはもうペットにあげないほうがよいでしょう。
酸化したものは味や風味がかなり落ちているだけではなく、フードに含まれていたはずの栄養が失われていることも少なくありません。
ペットによってはペットフードからほとんどの栄養を摂取しているケースもあるでしょう。そのため、酸化して栄養素が破壊されているものを与え続けることはおすすめできません。
また、古くなったペットフードは内臓の機能を低下させたり、動脈硬化につながったりする恐れもあります。
「酸化しているかも」と思ったら、すぐに新しいものを用意してあげて下さい。

ペットフードの傷みを抑える保管方法

ペットの健康を考えると、傷みのないものを与えたいと考えるでしょう。とはいえ、一度開封すればどうしても少しずつ鮮度は落ち、場合によっては傷みが生じてしまいます。
できるだけ傷みを抑えるために保存方法を工夫しましょう。

ドライフードの保管方法

ドライフードはその名称から傷みにくいと思うかもしれませんが、実際のところ、未開封で1年~1年半が一般的です。災害に備えて多めに備蓄しているのなら、念のため確認してみて下さい。
乾燥しているドライフードでも、表面にはコーティング用の油がついています。開封後は油の酸化が進むため、約1カ月を目安に食べきりましょう。高脂肪タイプは2週間が目安です。
保存方法はジップロックのような保存袋に小分けし、密閉するようにして下さい。その際は高温多湿を避け、涼しい場所で保管しましょう。
乾燥剤を一緒に入れても効果的です。乾燥剤は酸化を遅らせる効果があり、フードの傷みを防ぎやすくなります。
ただし、乾燥剤を入れる際には誤食に気をつけましょう。フードと一緒にお皿に入り、ペットが食べてしまっては大変です。容器の内側に貼り付けておくと誤食を防ぎやすくなります。

セミモイスト(半生)の保管方法

セミモイストタイプは水分を多く含んでいます。開封後はドライフードよりもカビの発生や傷みが起こる可能性が高いため、早めに消費するようにしましょう。
開封後は1~2週間を目安にして消費して下さい。ただし、これはあくまで目安です。季節や温度、湿度によっては傷む速度が速まります。ペットに与える前には色やニオイを確認すると安心です。

ウェットフードの保管方法

ドライフード、セミモイストフードと比較すると、ウェットフードは最も多く水分を含むタイプのフードです。そのため傷みやすく、もともと開封後の保存に適していない性質であるとも言えます。できればすぐに食べきりましょう。
とはいえ、やはりすぐに全部与えきれない場合もあります。そのような時には密閉容器に移し、冷蔵庫での保管がおすすめです。それでも長期保存は避け、数日以内に消費するようにして下さい。
密閉容器に移す際には清潔なスプーンや箸を使いましょう。使用済みのカトラリーには雑菌がついています。せっかく密閉容器に移したとしても、雑菌が一緒に容器内に入ってしまうことになり、そこから酸化や傷みが進んでしまいかねません。

どのタイプにも共通するポイントは?

タイプごとに保存方法を工夫しても、酸化を遅らせることには限界があります。賞味期限、消費期限に関わらず、小まめに酸化やカビ、傷みの状態をチェックしましょう。
タイプに関わらず、最も良い方法は早めに食べきってしまうことです。ペットが毎日食べる量を把握して、食べきりやすい量を購入するようにしましょう。
災害用の備蓄分は長期保存になることが少なくありませんが、定期的に湿気や湿度、袋の状態、賞味・消費期限のチェックをおすすめします。

保管方法の工夫でおいしく安全なペットフードをあげよう

保管方法の工夫でおいしく安全なペットフードをあげよう
大切なペットが健康でいてくれる姿は、飼い主にとって嬉しいものです。そんな幸せな時間を過ごすために、いつも与えているペットフードのチェックをしてみませんか。
保管する方法や場所を工夫するだけでペットフードの状態を保ちやすくなります。これから新しいペットフードを購入する際には、ぜひ気にかけてみて下さい。

Read More

知る・学ぶ 2023-11-28

犬の散歩は子供だけでもOK? 大人の付き添いが必要な理由と注意点

子供の成長にともない、「そろそろ愛犬の散歩を任せてみようかな」と考える保護者は多いでしょう。
年齢にもよりますが、子供だけで犬の散歩をすることは危険な一面があり、大人のサポートが望ましいと考えられています。
今回は子供と犬の散歩で注意するべき点や、大人が付き添ったほうがよい理由などについて解説します。

大人が散歩に付き添ったほうがよい理由とは?

子供だけで犬の散歩に行く場合、子供視点では思い付かないようなトラブルの可能性がひそんでいるものです。「うちの子はまだこんなトラブルに対応できそうもない」と考えられるのなら、大人が付き添いましょう。

1.主導権は子供と犬のどちらが握っている?

大人から見た子供と愛犬の関係において、どちらが主導権を握っているかを見極めることはとても重要です。その理由は子供が主導権を握っていない場合、犬が散歩中に勝手な行動をしてしまいかねないからです。犬は「自分に主導権がある」と認識している子供が相手では、「子供が導くコースへ行きたがらない」「リードの合図を無視する」など、言うことを聞かないことによって安全に関わるトラブルが起きてしまう心配があります。
そのため、子供が主導権を握れるようになるまでは、大人が指導しながら一緒に散歩をしたほうが安心です。ご家庭内でも生活での関わり方に注意を配り、子供と愛犬が上手な関係を築けているかを見極めましょう。

2.子供の力は犬よりも強い?

しっかりとしつけされている賢い愛犬でも、散歩中に人や物とぶつかりそうになったり、他の犬に吠えられてしまったりすることがあれば、驚いて暴れる可能性は否定できません。
その際、子供の力で愛犬の行動を制御できるでしょうか。もし制御できなければ重大な事故につながってしまう恐れも考えられます。犬種によっては大人でも制御に苦労するほどです。
格闘家のような筋力が必要とまでは言いませんが、最低限、愛犬の動きを制御する力を持っていることが望ましいでしょう。

3.お散歩マナーを理解して実践できる?

犬の散歩にはさまざまなルールやマナーがあります。リードをつけた犬と歩けばOKというわけにはいきません。
たとえば愛犬が排泄をしたとき、始末をせずに立ち去ることは重大なマナー違反です。地域の環境にも関わります。また、犬友達との挨拶は円滑な人間関係や愛犬同士の穏やかな交流に欠かせません。
子供でもそのようなルールやマナーを理解し、実践できるように教えてあげて下さい。「子供だから多少できなくても多めに見てほしい」ではなく、「子供だからこそ今から教えておかなくては」と考えましょう。最初は完璧にできなくても、保護者と一緒に練習を重ねるうちに、立派な飼い主に成長するはずです。

大人が散歩に連れて行けないときだけでもダメ?

急な仕事や体調不良で、いつも散歩を担当する大人が出かけられない日もあるでしょう。「散歩は毎日行かせたいし、今日だけは子供に…」と考える人がいるかもしれません。気持ちは分かりますが、そんな日は散歩をお休みにして下さい。
「犬の散歩は毎日しなければ!」という考えも間違いではありません。散歩は愛犬の健康管理やストレス解消にとても役立ちます。かといって、子供だけで散歩に行かせることは、前述のとおり危険が伴いがちです。愛犬と子供のために思い切って散歩をお休みする勇気も必要ではないでしょうか。

散歩をお休みした日は、その代わりに愛犬と思い切り家の中で遊んであげたり、普段より広い行動スペースを作って歩き回らせてあげたりしてみるのも良い方法です。
大人が対応する時間がない場合は、子供に「一緒に遊んであげて」「歩くスペースを作って見守ってあげて」とお手伝いをしてもらうこともおすすめです。犬との関係を深める絶好の機会にもなります。

もし外でしかトイレをしない犬なら、ベランダや庭先に外と似た環境を作ってみましょう。また、いざというときに備え、室内でトイレができる「おうちトイレ」の練習も役立ちます。

子供に愛犬の散歩を任せる準備や練習を

今はまだ安心できなくても、子供がもっと成長すればいずれ安心して愛犬の散歩を任せられるようになります。その時を楽しみに、犬の散歩に必要なマナーや行動を練習させることもおすすめです。
次にご紹介する5つのポイントは特に意識しておきましょう。

愛犬と確実な意思疎通ができる関係に

保護者が決めた散歩コースから外れずに適切なペースで歩くことは、安全な散歩に欠かせない条件です。そのためには、子供と愛犬がしっかりと意思疎通できる関係性を築く必要があります。
「犬が行きたがっても違う道へ行かない」「引っ張られても従わない」「保護者が教えたルールを愛犬と一緒に守りながら歩く」などの約束を作り、実現できるような関係性が築ければ安心感が増すでしょう。最初は保護者も一緒に散歩をし、散歩中の愛犬の挙動や指示の出し方などを見せてあげると理解しやすいはずです。

集中力を身に付ける

子供はしっかり成長したと思っても、まだまだ好奇心が旺盛です。散歩中、目を引かれたものに集中力を奪われ、リードのコントロールや愛犬の挙動への配慮がおろそかになってしまう可能性があります。その場合、思わぬ事故やトラブルにつながりがちです。
「まだ集中力が足りない」「スマホに夢中になりながら歩いてしまいそう」という心配があるうちは、保護者も一緒に散歩へ行き、注意を払った方が安心でしょう。

散歩コースを覚える

単純なことですが、重要なことでもあります。保護者が決めた散歩コースを覚えないまま子供だけで散歩へ出ると、迷子になってしまったり、普段とは違う環境で愛犬が興奮したり、逆に脅えてしまったりする可能性があります。
子供だけでは対処が難しい状態になることも考えられるため、散歩コースは必ず覚えてもらい、守らせるように指導しましょう。

犬同士、飼い主同士のマナーを学ぶ

散歩中、ご近所の犬と飼い主に会うことは少なくありません。飼い主とは挨拶をし、犬同士が遊べそうであれば遊ばせるなどのマナーやルールを教えましょう。
思春期の子供は挨拶を恥ずかしがり、早足で立ち去ろうとするかもしれません。しかし、それは社会的なマナーとして失礼であることや、よその犬と遊びたい愛犬ががっかりすることなども説明しておきましょう。
分かっていても素っ気ない態度を取ってしまいそうなら、誤解されないよう先に保護者がご近所の人に説明しておくと良いかもしれませんね。

排泄物の処理を覚える

大小関わらず、トイレの処理方法を覚えてもらいましょう。排泄物に慣れていない子供は怯むかもしれませんが、飼い主が避けて通れない責任のひとつです。
最初は上手にできないとしても、慣れればきっとスムーズに処理できるはず。見守りながら上達を待ちましょう。お家で愛犬のトイレ掃除を担当してもらい、排泄物への抵抗感をなくしていく方法もおすすめです。

まずは大人の付き添いを! 子供の成長も楽しんで

まずは大人の付き添いを! 子供の成長も楽しんで
慣れていない子供だけでの犬の散歩はおすすめできません。まずは大人がリードを持ち、どのように散歩をしているのかを見せながら教えてあげましょう。その過程で散歩中の注意点やマナー、ルールなどを学んでいけるはずです。
子供は愛犬の散歩を通し、安全な散歩の仕方をはじめ、社会的なマナーやルールなどを学ぶことでしょう。散歩は愛犬の健康管理に大切ですが、子供の成長の機会にもなります。その姿を楽しみつつ、必要なときはサポートしてあげて下さい。

Posts