トリミング実習

実践的な技術の習得を目指す

犬種に適したカットやスタイリングを熟知し、短時間で正確に、美しく仕上げる。
そんな真のプロトリマーになるためには、数多くの実習体験で技術力を磨くことが大切です。
たくさんの校有犬・モデル犬に触れ、実践的に美容技術を身につけます。

ブラッシング

ブラッシング

毛のもつれをほぐすスリッカーなどを犬種により使い分けます。

シャンピング

シャンピング

シャンプーをする作業です。
犬の毛質や毛の長さによって洗い方が変わってきます。

ドライング

ドライング

シャンプー後のドライヤーをかける作業です。
次の作業をスムーズに運ぶためにも重要です。

クリッピング

クリッピング

バリカンで余分な毛を刈ります。犬種によりボディクリッピング、足クリッピングなどがあります。

シザーリング

シザーリング

カッティングシザー(ハサミ)で毛をカットし、最後の仕上げをします。

グルーミング実習

技術の基本 グルーミング

体を清潔に保つための手入れがグルーミング。健康管理のうえで重要な基本の技術でもあります。
グルーミングは、1頭ごとに性格の異なる犬とコミュニケーションを深める機会にもなり、犬の扱い方や保定の技術も身につけます。

体重測定

体重測定

体重は、触れてわかる体格の変化とともに、犬の体調を知る大きな手がかりになります。

爪切り

爪切り

爪が伸びすぎると歩行困難の原因に。健康を保つためにも重要な作業です。

耳掃除

耳掃除

耳の中にも健康状態が表れます。
耳が垂れた犬は通気が悪く、耳の中が汚れやすいです。

口内チェック

口内チェック

犬にとっても歯の健康管理は大切なもの。
虫歯や歯肉炎など歯の病気は大敵です。

ハンドリング実習

ハンドリング実習

犬の魅力を最大限に引き出すハンドリング

ドッグショーで犬をコントロールするハンドリングによって、その犬の魅力を最大限にアピールすることができます。犬がさっそうとした姿を見せるのもトレーニングのたまもの。同じ犬でも何倍も美しく見せることができます。

  • 容姿や骨格、歩様の美しい見せ方
  • 犬とのコミュニケーションの取り方
  • 服従や誘導のしつけ
  • 問題行動の解決方法
  • 訓練用具の種類と選択
  • 飼い主への指導方法

一般科目・専門科目

一般科目・専門科目

犬のプロとしての教養を深める

トリマーとして活躍するには、好感をもたれる礼儀作法やビジネスマナーを身につけることが必要です。

言葉遣いや接客態度、パソコンなど一般教養と、経営学、販売小売学などの幅広い知識は、就職や独立に役立ちます。

専門科目では、実習前にグルーミングの歴史や用語、各犬種の標準などトリミングの基本を理解し、ハサミの持ち方やブラシ類の使い方を習得します。また、美容学、栄養学、獣医学などの犬の健康管理に必要な知識も学びます。

愛犬美容科/研究科のコース一覧

page top