「動物が好き」という気持ちから「プロフェッショナル」意識へ
共生社会をリードする若者たちの、高い技術と専門知識、人間性を育む。

家族の一員、人生のパートナーとして生活するかけがえのない動物たち。 人間に“癒し”効果をもたらし、“心のケア”を促す尊い動物の存在は、「福祉」分野からも期待が寄せられています。

動物と人間の接し方は変化しており、今、社会では、動物を単なるペットとして「飼う」のではなく、動物とよりよく「共生する」ための環境づくりが求められています。

中央動物専門学校は、これまで「トリマー」と「動物看護」分野のプロフェッショナルを育成し、成長著しい動物関連業界に優秀な人材を送り出してきました。

さらに、2007年4月新設の「動物共生研究科/動物共生総合科」では、培ってきた動物看護教育を軸に、美容、看護、しつけ、飼育の4つをすべてマスターし、 人間の福祉、法律、住環境なども学び、動物との共生社会を支えるアドバイザーを育成します。 「動物が好き」という優しさにはじまる豊かな人間性をもって、夢の実現にチャレンジする若者を、中央動物専門学校はサポートします。

専門学校で学ぶことは、明確な目標を設定し、即戦力となる専門性の高い技術や知識を身につけることにほかなりません。 動物分野の仕事に就くための近道。
中央動物専門学校をより一層ご理解いただける内容となっております。

page top