中央動物専門学校は動物のプロフェッショナルを育成します

現在、人間にとって動物はかけがえのない存在になってきています。
その陰で、動物が絡む様々な問題も起こっています。 例えば、公共施設への出入りをする補助犬(盲導犬・聴導犬・介助犬)や、共同住宅での飼育問題、捨てられる多種多様なペットたちが起こすトラブル、動物虐待などです。

そのような背景から動物と人間が快適でかつ幸せに暮らせる環境づくりが急がれています。

文部科学大臣より認定 職業実践専門課程全科認定校

文部科学大臣より認定
職業実践専門課程全科認定校

平成25年度から最新の実務・知識などが身につく実践的で質の高い職業教育に組織的に取り組む専門課程を職業実践専門課程として文部科学大臣が認定しています。

中央動物専門学校はその初年度に申請した全科すべての専門課程が職業実践専門課程として認定されました。
社会に役立つ・社会が求める実践教育で自分の未来を切り開いてください。

詳しく見る
校有動物約100頭 カットモデル犬2,000頭以上登録

校有動物約100頭
カットモデル犬2,000頭以上登録

中央動物専門学校ではキャンパスライフをともにする校有動物が約100頭います。 学生は担当犬として通常の美容実習や看護実習ではもちろん、定期的な健康チェック、ケアをしながら日常的にふれあうことができます。

このような学習環境の中で犬の表情や小さな動作から、健康状態、感情を察知し、犬の気持ちをくみ取れる動物業界のスペシャリストを目指します。犬の飼育経験がない学生でも豊富な校有動物による担当犬制度で、飼い主として必要なケアが1年を通じて経験することができます。

詳しく見る
充実した施設・最新の設備

充実した施設・最新の設備

中央動物専門学校は、広々とした空間と充実した施設・設備を有しています。将来、プロフェッショナルを目指す学生たちは、たくさんの動物たちに囲まれた素晴らしい学習環境の下で、充実したキャンパスライフを送ることができます。

主に実習授業を行う実習棟では、動物美容実習室や最新の動物医療機器を取り揃えた各種実習室を備えており、講義棟では学生が普段使用するロッカールームや談話室などを備えています。

詳しく見る
動物関連の幅広い資格取得ができる

動物関連の幅広い資格取得ができる

中央動物専門学校では、習得した技術力の証明として在籍する科に関わらず、トリマーライセンス(初級)・動物看護師ライセンス(初級)をはじめ、各種資格を取得することができます。

また2011年に発足した動物看護師統一認定機構の認定動物看護師資格が動物看護関連科なら最短の2年、動物共生関連科なら3年で受験可能となっています。

詳しく見る
充実した就職サポート

充実した就職サポート

学生ひとりひとりが夢を叶えるために、マンツーマンの就職指導を行っています。 適性や本人の希望、就職先の特色などをふまえ、就職指導の専門スタッフとクラス担任や担当教員が連携し、きめ細やかな就職指導を行います。

そして、在学中に動物に関わる企業や店舗、病院に研修生として参加し、プロの仕事を現場で体験できるインターンシップ制度を取り入れています。

実体験を通じてスキルを磨いたり、社会人として必要な知識や技術を学ぶことができます。就職を希望する学生はインターンシップから、各企業へ就職内定を頂いています。

詳しく見る
軽井沢研修所・学生寮完備

軽井沢研修所・学生寮完備

四季折々の表情をもつ美しい環境に恵まれた軽井沢に、研修・宿泊施設を完備しています。多数の名画・陶芸・彫刻を保有する「南ヶ丘美術館」や、日本舞踊・雅楽・狂言などの本格的な舞台を鑑賞できる「千ヶ滝」、茶室やグラウンドなどの施設を備えています。

また、専門学校では珍しい「ペットと暮らせる学生寮」を本校独自で完備しています。大好きな動物たちとの毎日が満喫できるように、一人暮らしをバックアップするとともに、かわいいペットと一緒に暮らすことで心身ともにリフレッシュされ、充実したキャンパスライフを送ることができます。

詳しく見る
中央工学校のグループ校

中央工学校のグループ校

学校法人中央工学校は明治42年(1909)年に設立、ことし創立107年を迎えます。 設立当初の中央工学校は、西洋で発達した建築技術、土木工学、機械設計などの近代工業技術をいち早く取り入れ、これを広く一般に教授する工業専門学校でした。

近年、社会は発展し成熟期を迎え、私たちの生活環境や家族形態は大きく変化してきました。

そうした中で、動物と人間の共生社会を支えるプロフェッショナル人材が待望されている現状を知り、動物の愛護と看護を広く一般に教授する「中央動物専門学校」を設立しました。 就職を希望する学生はインターンシップから、各企業へ就職内定を頂いています。

詳しく見る
page top