Life with animals動物と人間が支え合う社会で活躍しよう

学校法人中央工学校の教育理念

  • 厳しい実務教育
  • 人間涵養教育
  • 楽しい学校生活
  • 誇りの持てる学校

中央動物専門学校の教育方針

  • 優しい心
  • 倫理観
  • 自己責任

ご挨拶

学校法人 中央工学校 理事長 堀口 一秀

学校法人 中央工学校 理事長堀口 一秀

ひたむきな愛をエネルギーに

中央工学校は明治 42(1909)年に設立、ことし創立 108 年を迎えます。 西洋で発達した建築技術、土木工学、機械設計などの近代工業技術をいち早く取り入れ、実践的な技術者の育成を目的とした工業専門学校でした。
以来、社会の発展に伴って専門分野の幅を広げ、積極的に新たな学科の設置を図ることで、“ 工業立国 ”としての我が国の高度成長に貢献できたものと自負しております。

社会は発展し成熟期を迎え、私たちの生活環境や家族形態は大きく変化してきました。
そうした中で、動物と人間の共生社会を支えるプロフェッショナル人材が待望されている現状を知り、動物の愛護と看護を広く一般に教授する「中央動物専門学校」を設立しました。

中央動物専門学校は動物を愛するヒトが集まる専門学校です。
そのひたむきな愛を原動力に、知識を蓄え、技術を磨き、そして動物の愛護・看護のプロフェッショナルとなって社会に貢献できるよう全学をあげて指導にあたってまいります。

主な関係団体役員
  • 一般財団法人中央工学校生涯学習センター 理事長
  • 公益財団法人東京都専修学校各種学校協会 運営委員
  • 全国工業専門学校協会 会長
  • 一般財団法人専門学校コンソーシアムTokyo 会長
  • 一般財団法人測量専門教育センター 副会長
  • 一般財団法人社会通信教育協会 理事 等
中央動物専門学校 校長 坂本 敏

中央動物専門学校 校長坂本 敏

動物と人間のよりよい共生社会を目指して

中央動物専門学校は、トリマーや動物看護師などの資格を取得し、動物と人間が快適に共生するための知識と技術を持った人材の育成を目標としています。

教育方針は 「優しい心」 「倫理観」 「自己責任」 とし、専門技術をもって動物業界に貢献する社会性豊かな人材を育てます。 充実した施設・設備を整えた学習環境で、一人ひとりの意欲を引き出すきめ細かな指導にあたります。

動物が好きでバイタリティーにあふれる若者に、専門知識と技術指導、的確なサポートを行い、動物に関わる様々な職業分野で活躍する人材を育成し、動物と人間のよりよい共生社会の実現に貢献してまいります。

坂本 敏

学校概要

校名中央動物専門学校
設置分野動物管理専門課程
設置者学校法人 中央工学校
明治42年10月21日創立・昭和39年3月19日 学校法人認可
理事長堀口 一秀
校長坂本 敏
創立平成15年4月1日(平成14年10月1日 専修学校認可)
所在地〒114-0013
東京都北区東田端一丁目8番11号
TEL学校代表 03-3819-1111/入学相談室 0120-19-1311
FAX03-3819-1115
教職員数(2017年度)教員45名(専任28、兼任17)、職員8名
学生数(2017年度)283名
卒業生数(2016年3月卒業生含む)1,703名
校舎本館(実習棟)別館(講義棟)
学生寮女子学生寮(クワドラングル志茂 <志茂寮>)
鉄筋コンクリート造5階建 150名収容
〒115-0042
東京都北区志茂3-3-3
男子学生寮(王子寮)
鉄筋コンクリート造7階建 150名収容
〒114-0002
東京都北区王子4-25-18
研修施設南ヶ丘倶楽部
〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町南ヶ丘1052-73
軽井沢研修所 研修棟(千ヶ滝)
三五荘
南ヶ丘美術館
茶室棟(南暁)

動物取扱業者標識

1)指名又は名称学校法人 中央工学校
堀口 一秀
2)事業所の名称学校法人 中央工学校
中央動物専門学校
3)事業所の所在地東京都北区東田端一丁目8番11号
4)動物取扱業の種別保管・展示・訓練・貸出
5)登録番号保管:16東京都保第000671号
展示:16東京都展第000671号
訓練:16東京都訓第000671号
貸出:16東京都貸第000671号
6)登録年月日保管
平成18年12月6日
展示・訓練・貸出
平成19年7月31日
7)有効期間の末日平成33年12月5日
8)動物取扱責任者保管:齊藤利章
展示:近藤通子、栁原由紀
訓練:栁原由紀
貸出:本郷奈美
page top